嫌いな人と仕事をするのが嫌にならなくなる方法

僕のような雇われて働いている側は、一緒に働く人を選べない。

仕事ができる人や仲の良い人と仕事ができれば楽しく仕事ができるが、仕事ができない人とする仕事はもうめちゃくちゃストレスがたまる。その人が嫌いになる。

でもそれは精神衛生上よろしくないので、そうならないために、嫌いな人と仕事をするのが嫌にならなくなる方法を今日は考えてみようと思う。

 

なぜ人が嫌いになるのかというと、仕事ができないからだ。

僕は現場仕事で日によって一緒に働く人が変わるのだけど、仕事ができない人と一緒だと「うわー今日あの人と一緒だ」という感じで、実際に働く前から嫌な気持ちになってストレスがたまる。

これは僕の勝手な判断である。これまでその人は仕事ができない人だったけど今日もそうかといえば違うかもしれない。

働く前から嫌になるのは僕自身が悪いのである。

 

実際の仕事中で、指示通りに動かなかったり、やたら休憩して仕事が遅かったり、そういう時にも腹が立ってきてしまう。

僕の仕事はチーム一丸となって同じ作業をする仕事なので、やはり相対的に仕事が遅い人に対してはイライラしてしまうのだ。

そういう時に僕はその人が悪いのではなく、会社が悪いのだと考えるようにしている。

 

会社がきちんと仕事を教えてこなかったからその人は仕事ができないままに育ってしまったわけだ。

うちの会社でよく言われるフレーズは「言ってもしょうがない」というものである。

どういうことかというと、問題のある人にその問題を指摘しても改善されないので「言ってもしょうがない」だから言わない、という状況だ。

問題のある人は注意されなくなるので、自分はこれで間違ってない、これでもいいんだと思い始める。それが自信になってもうそのままになってしまっている。

その結果、上司の指示を聞かずに好き勝手にスタンドプレーに走る人が出てくる。でもそれは会社が作ってると言える。

指示を聞かない人に腹がたつし間違っていると思うけど、言い方を変えたり、言う人を変えたり、言い続けたりしてこなかった会社の責任の方が大きい。

なので問題のある人に腹をたてるより、会社に責任があるという風に考えるようにしている。そうすると会社は嫌いになるけど、人は嫌いにはならない。むしろ被害者のように思えてくる。

 

結果、会社が嫌いになる

この考え方だとどんどん会社が嫌いになる。これも良くない気がするけど、人間個人を嫌いになるよりも精神衛生上はマシなんじゃないかと僕は思っている。

嫌いな人ができなくなるので、チームで働いている時にギスギスしたりしない。

嫌いな人が少ない方が日々のストレスは軽減する。