【ロシアW杯2018】決勝戦フランス対クロアチア。持ってなかったクロアチア

2018W杯のロシア大会がついに終わってしまった。昨日の決勝は大方の予想通り、フランスが制した。

 

持ってなかったクロアチア

力関係的にも、日程的にもフランスの方が有利という見方で、それをクロアチアがどう覆すかというところに焦点があった決勝。

立ち上がりはクロアチアが前からかなり厳しくプレスをかけていた。この動きは準決勝のイングランド戦にはなかったもので、あの時より疲労回復がしっかりできたのかなという風に感じた。選手たちの動きのキレは良かった。

このプレスによって序盤はクロアチアが攻勢だった。

そこでまさかのオウンゴールでのフランスの先制。ファールでもなかったのでまじかクロアチア持ってないなーというところから今度はクロアチアがセットプレーの流れからペリシッチが決めて同点に追いつく。ここまでは面白い展開だった。

フランスの先制点のグリーズマンのが倒れたのはVAR判定なら結果は違っただろう。むしろグリーズマンのイエローかも。

www.sanspo.com

 

その後フランスのコーナーキックをVARの判定でハンドを取り、グリーズマンがこのPKを決める。この判定はまあハンドはハンドなんだけど、故意ではないと思うのでかわいそうだなあという感じだ。ここでこの流れでこれが出てしまうかと。

このハンドの対策をするとしたら、今後はクロスのとき同様に、ジャンプしてヘディングするときすらも手を後ろに組まなければならないかもしれない。

1-1で前半を折り返していればクロアチアもチャンスがあっただろうなと思う。

 

後半はリードするフランスが早くも10分にカード1枚のカンテに変えてエンゾンジ投入。手堅い交代策だ。

思えばフランスのGL初戦オーストラリア戦はデンベレグリーズマン、ムバッペという「ウイイレだったら絶対一度はやってみたい3トップ」を試すような采配をしていてデシャン

そこから徐々にチームバランスをベストな状態に持ってきた。交代カードが豊富ということもあるけど、それをベストに使ってきた印象だ。ウイイレ脳のままだったらフランス優勝はなかっただろう。

 

その後ポグバ、ムバッペと立て続けにミドルシュートが決まる。これは両方ともキーパーのブラインドになっていたようで、ここも持っていないなクロアチアという感じがあった。

ただシュートを打てたのがフランスの強みという感じだ。クロアチアの方がラキティッチモドリッチミドルシュートはいるが、クロアチアはこの試合に限らず、中央から攻めることがないので彼らがシュートを放てるタイミングはなかった。

基本サイド攻撃なのだけど、それも深い位置まではいけないので、深くえぐって押し込んでマイナスのパスで中央のミドルシュート、みたいな形も作れていなかった。

クロアチアはチームとしてこの2人のゲームメイクに頼っていたけど、この2人のミドルシュートをもっとオプションとして使えるプランを持っていればよかったのにと思った。サイドを深くえぐれなくても、1トップに当ててそこからの落としとか(大迫、香川、乾みたいな)で十分にチャンスは作れたんじゃないかと思う。

 

3点差となったところでクロアチアの集中力が切れて体力も尽きてしまった感じ。まあ無理もないだろう。

しかしそこから、実はフランスキャプテンのロリスも勝ったと思って集中が切れていたのかビルドアップをマンジュキッチに詰められてやってはいけないミスで一点献上。どこか決勝の緊張感のない展開になった。

このゴールで若干クロアチアガキを吹き返した感じもあったけど、やはり連戦の疲れとそこからくる攻め手のなさでチームがバラバラだった。この辺りは監督が采配で何か見せて欲しかったなと思う。もうピッチの選手たちは頭が回っていなくてコントローラーをぶん投げたい状況といった感じだった。

 

おわり

こうしてロシアW杯はフランスが2度目の優勝で幕を閉じた。大国につまづきがあって面白い展開があったこの大会だけど、終わってみれば選手層が厚く総合点も高いフランスの優勝という王道な結末になった。