【ロシアW杯2018】3位決定戦ベルギー対イングランドはベルギーが初の3位獲得

ロシアW杯は昨日、ベルギー対イングランドの3位決定戦が行われた。

グループステージで戦った同士で3位決定戦ということで、期待値はそこそこだったが、まあその通りというかそこそこに面白い試合だあった。

 

ターンオーバーしたイングランド

イングランドはベルギーよりも1日休みが少ないので選手の消耗を考慮したのか、スタメンを変えてきた。

長いパスから結構チャンスは作っていたけど、結局この大会は動きは良かったけどスターリングは持っていない感じで点は取れないし、ケインもビッグチャンスを外していた。

後半にメンバーを変えて点を取りに来たが、ビッグチャンスはベルギーの素晴らしいディフェンスもあって得点できなかった。前がかりになったことでベルギーのカウンターがより活きる展開にもなっていた。

この試合はセンターバックマグワイアに目がいった。点は取らなかったけど、セットプレーはほとんど勝っていたんじゃなかろうか。縦にも横にもデカイので強いのだろうが、そんなに勝つかねというくらい勝っていた。加えてトリッピアのキックの精度も素晴らしいということだ。

 

やはり、今回のイングランドは組み合わせ運があったよなあということを思った。新しいシステムで若手でというところで見どころは多くて楽しかったは楽しかったけど。

 

ベルギーは本気

イングランドに対して休みが1日多く、出場停止だったムニエが戻ってきたことにより本気メンバーと言えるスタメンだったベルギー。

ベルギーはボールも保持できるし、攻め込まれてもカウンターの怖さがあるので流れとして試合巧者な感じがあった。

これは先制点が大きかっただろう。シャドリからムニエのウイングバックの2人で点をとった。ルカクが起点となったシンプルな攻撃だったが、この両ワイドが活躍したのがいまのベルギーの強さが出ている先制点だった。

ずっとカラスコを使ってきたマルティネス監督だったけど、大会中にこの組合せを見つけた。これがもっと早く定まっていて成熟していればベルギーはもっと強かったような気がする。黄金世代がベストの時期なので勿体無いっちゃあ勿体無いなとも思う。

この日は、というかここ数試合ずっとだけどアザールがキレキレだった。ドリブルで必ず1枚剥がせるし倒れない強さがあるので推進力がすごい。メッシのような、簡単には倒れない力強さがあった。表情はいつもキリッとしていて頼れるキャプテンなのだろうなという感じがあった。

 

終わり

ベルギーが初の3位獲得、イングランドは28年ぶりの4位。結果は上出来の2国だろう。

ただ、ベルギーは黄金世代が一番脂の乗っているこの時期が一番歴史的に強い気がする。なので取りたかっただろうなと思う。「あの時のベルギーはマジ強かった」と20年後くらいに弱いベルギーを見て言っている気がする。