【ロシアW杯2018】クロアチアがイングランドを下し初の決勝進出!

ロシアW杯の準決勝クロアチアイングランドが昨日行われた。

延長PKが2連戦で満身創痍感もあるクロアチアと、結構組み合わせ運が良くここまで順当に勝ち上がってきた感のあるイングランドの対戦。

この試合はクロアチアにとっては3度目の延長戦までもつれ込み、マンジュキッチのゴールでクロアチアが決勝進出を決めた。

 

開始早々の「この試合終わった」感

試合開始早々、イングランドがゴール前でもらったファールを直接フリーキックで決めた。ほとんどファーストプレーだったと思う。

とりあえずの様子見、縦にポーンと蹴ったボールがルーズになって、の流れだったと思う。

この速い時間帯の先制点でイングランドの戦い方が決まる。守ってカウンターだ。スターリングのスピードが効いていた。

 

クロアチアは明らかに疲れているように見えた。みんな足が重いし、プレーの細かなミスが目立つ。やはり慢性的な疲労から集中力が低下してプレイに影響が出るのだろう。クロアチアの選手みんながベルギー戦の柴崎のような感じだった。そんな疲労を抱えた上での開始早々の1点献上は精神的にくる。

ちょっとしたミスが多くてなかなか攻撃のテンポが出ない。ぶつ切りの攻撃という感じ。というわけで結構オープンなゲームになっていた。

クロアチアの状態とスコアを見るに「この試合はこのままかなー」と思った。

 

仕留めきれないイングランドクロアチアが同点に

クロアチアはなぜか自陣ゴール前で滑って転ぶ選手が目についた。イングランドの選手はそうでもなかったから芝の状態ではないと思う。疲労から最後の踏ん張りが効かなかったのだろうか。

しかしそんなクロアチア相手にイングランドは追加点が取れなかった。クロアチアの守りが粘ったというよりは、イングランドの決定力の問題であるように感じた。前半に後2点は取れるチャンスがあった。

しかし決めきれなかったのは、スターリングが裏抜けで勝ちまくっているしこのヘロヘロのクロアチア相手ならそのうち点が取れるだろ、というような危機感のなさがあったのかもしれないなと思う。イングランドはチャンスを作っていたし、クロアチアはチャンスを作れないという展開が続いていた。

しかし、クロアチアが後半25分に同点に追いつく。その少し前からシンプルに攻撃するようになり、その流れでヴルサリコのクロスをペリシッチが合わせてゴールを決めた。

こうなるとイングランドは決められたチャンスを外し続けたツケが回ってくる。精神的に裏返る状況だ。

 

延長、マンジュキッチのゴール

クロアチアは3試合連続の延長へ。これはW杯史上初のことらしい。しかしクロアチアはなぜか交代枠を1つも使っていなかった。延長に入って4枚使えるはずなのに1枚も使っていない。フィールドプレイヤーはヘロヘロなのに。これは謎だった。

しかしそれが功を奏したような感じがある。もう90分の試合中から疲れの見えるマンジュキッチを引っ張っていたがそのマンジュキッチが試合を決めるゴールを叩き込んだ。やはり流石の勝負強さだった。

交代しないクロアチアに対してどんどん交代枠を使い先手をとっていたイングランド。しかしこれが失敗に終わる。交代枠がなくなった延長後半の失点後に先制点を挙げたトリッピアが負傷でプレー続行不可能。

もう後がなく全員あげて1点を取りに行きたいモードのイングランドは10人で戦うことを余儀なくされた。これは全く予想外の展開だろう。サッカーはこれがあるから面白い。

クロアチアはようやくPKまで行かずに延長で試合を決めることになった。

 

おわり

というわけで決勝はフランス対クロアチアになった。クロアチアは決勝進出は初めてだ。ここまできたらクロアチアに優勝してほしいけど、順当になんの問題もなく上がってきた盤石なフランスと、延長3連戦でフランスよりも1試合多く戦っている換算で、さらに中休みも1日少ないクロアチアとなると圧倒的に有利なのはフランスだ。

3位決定戦はこの大会2試合目となるベルギー対イングランド。グループリーグの時は両チームとも選手を温存したほぼ消化試合だったが、ここはどうなるんだろう。W杯の3決は決勝よりも面白いと言われるし、ケイン、ルカクの得点王対決ともなるので、この試合はかなり面白くなりそうだ。