【ロシアW杯2018】フランスが強すぎる。順当に決勝進出

ロシアW杯もいよいよ準決勝。フランス対ベルギーが行われ1-0でフランスが勝ち、決勝進出を決めている。

 

互角な好ゲーム

この試合はここまで活躍してきたベルギーのムニエが出場停止ということでベルギーがどう出てくるのか注目だった。

ベルギーはムニエの代わりにシャドリをつかった。デンベレが中盤に入り、シャドリが右サイドバックに入って守備時は4バックの形だった。

ボール保持時は3バックでフェライニがトップ下あたりの高さにいてクロスに合わせるという形。アザールのドリブルがキレキレで、ボールを保持していたのはベルギーの方だった。

フランスは盤石な形。カウンター狙いという感じだ。ムバッペのチャンスメイクからサイドバックのパバールが中に上がってくるチャンスが流れの中ではビッグチャンスだったと思う。

ベルギー、フランスともにチャンスは作ったが、クルトワ、ロリスと両ゴールキーパーがとてもパフォーマンスが高いので点は入らず、緊張感のある準々決勝らしい拮抗した好ゲームになっていた。

 

こういうゲームはやはりセットプレーだ。フランス、グリーズマンコーナーキックをウムティティが決めた。あのフェライニに競り勝ってのゴールだ。

ウムティティはモンローウォークのような謎のゴールパフォーマンスをしていた。来シーズンバルサでもやって欲しい。

 

先制した後のフランスは堅かった。ワントップのジルーまで自陣に戻ってエムバペ、ジルー、グリーズマンとラインを敷いて守っていた。

こんなの普通は押し込まれっぱなしになってしまうけど、フランスの場合は奪ったときにジルー以外はボールを持ち運べる選手だし、スピードもある選手が多いので、みんな引いていても押し込まれ過ぎないという状態になっていた。

強いチームが引くとこんなに堅いのか、という感じだ。しかも全員引いていて、奪ったときにボールが持ち運べなかったとしても、適当に前に蹴るだけでもムバッペは活きる。広大なスペースにムバッペのスピードはワンプレーで1点ものの脅威である。

 

このフランスに対しベルギーはメルテンスを入れてデ・ブライネも右によって、右で作ってクロスというシンプルな攻撃をしていた。

フェライニルカクの高さはやはり得点の匂いはあったけど、この日は入らなかった。それぞれ1チャンスずつくらいしかチャンスはなかった。それほどフランスは堅かった。

ヴァランがとても良かったし、ポグバが献身的に守っていた。ウムティティは高さは少し劣るのでどうかなと思っていたけど、その代わりにポグバが降りてきてしっかりと守っていた。

 

フランスが強すぎる

まあこのフランスはスター揃いな上にチームワークが良いし守備も堅いしキーパーも良いので強いなと思う。決勝でイングランドクロアチアのどちらがきても勝ってしまいそうだ。

この試合でもしジルーがのっていたら2点くらいは取れている。つまり流れの中から形は作れるのだ。その上セットプレーも強い。

ムバッペの有能感もすごい。ただ速いというだけでも十分な武器なのに、さらにチャンスメイクもできるし、予想外のプレーもできるし決定力もある。

んでリードしていたらエンゾンジを入れて守備固めができる。エンゾンジなんてポゼッションサッカーの為の人という感じだけど、そのパスセンスを「ボール保持こそ守備」という形でちゃんとディフェンスに使うというのが日本も見習って欲しいところだ。加えて190以上の長身なのでセットプレーも安心。

いやーメンバー揃いすぎである。一体いくら課金して何回ガチャを回したのかと問いただしたくなる。

 

おわり

僕はフランスは応援していなかった。やっぱり日本に勝ったベルギーに決勝に行って欲しかったし、ここまできたら初優勝国が見たいなという気持ちがある。フランスはメンバー揃いすぎでずるく見えてしまう。そんなフランスを倒すなら4強ではベルギーに一番可能性があると思っていたのだが。

ベルギーはやはりムニエがいなかったところと、カラスコがスペインから中国へ行ってしまって大分スケールダウンしていて全く活躍しなかったことが残念だ。

決勝はまあどちらがきても硬い試合になるだろうなと思う。どちらかというとクロアチアに上がって欲しいと思う。んでクロアチア優勝で文句なしでモドリッチバロンドール、という絵が見たい。