素直さを失い意固地になったおじさんという悲しい生き物

人間はどうしても、歳を重ねるごとに素直な心というものが失われていってしまうと思う。

期待を裏切られたり、騙されたり、様々な経験をして裏も表も読むことを自然とやっているので、まっすぐな反応、素直な心が無くなってしまうのだ。

 

ぼくは子供の頃から素直じゃなくて、あまのじゃくという感じでそのままきてしまったが、このまま歳をとってしまうとただただひねくれ者のみっともないおじさんになってしまうなあと最近思うようになった。

これは人のふり見て我がふり直せで、職場のぼくより上のおじさんをみていて感じるようになったことだ。

こだわることはいいことだけど、そのこだわりが行きすぎて頑固になって、意固地になって自分で身動き取れなくなっている人がいたりする。

 

ある時、現場に画期的な機材が導入された。メインの機材ではないが、仕事の効率を全体的に底上げしてくれるようなサポート的な機材だ。少し危険な作業も、この機材を使うことで作業の危険性を意識する必要がほとんどなくなり、作業だけに集中できる非常に便利な機材だった。

仕事の進捗が劇的に変わるわけじゃないが、この機材を使うようになってからというもの、負担が軽減するのでストレスが減り、よりいい仕事ができるようになった感じがある。

この機材が導入されてもう数年経っている。しかし、頑なにその機材を使わず、自分の昔ながらのやり方を押し通すおじさんがいる。

使うように促しても「自分はそんな助けは必要ない」といった感じで使ってくれない。まあ作業自体のスピードがそれほど変わるわけじゃないので、会社からもその機材を使用するのは強くは促さなかったようだ。

先日そのおじさんが事故を起こした。

先日の作業は、その画期的な機材を使用しても危険性のある作業だった。なのでみんなは機材を使用した上でいつもより気構えて仕事をしていた。おじさんは機材なしの昔ながらのやり方だ。

おじさんが機材を使用していれば起こらなかったかもしれない事故だった。

事故で現場は少し止まってしまったが、不幸中の幸いで大事には至らずおじさんに怪我はなかった。

なのでその後も同じ作業を続けたのだが、事故後に機材の使用を促した(まあもはや命令のような感じ、当たり前だが)のにも関わらず、おじさんは頑なにその機材を使わなかった。さすがに使えよとみんな思っていただろうが、あの強目の言い方で使わないんだから誰が言ってももう無理だろうなという感じで、なし崩し的にそのままになった。

あの時、おじさんは意固地になってがんじがらめになっていたんだろうと思う。事故を起こした恥ずかしさと、自分の守ってきた謎のプライドで、機材を使うわけにはいかなかったんだろう。ああなってしまうともうおしまいだなと僕は思った。

 

素直さを失い意固地になったおじさんというのはとても悲しい生き物である。なので僕は素直な心で生きていきたいなあと思う。