日本サッカー協会はW杯経験を重視してハリルホジッチ監督を招聘したはずなのに

日本サッカー協会はロシアW杯が始まる約2ヶ月前にハリルホジッチ監督との契約解除を発表し、日本サッカー協会の内部の人間を監督に据えた。

もう言ってもしょうがないことだけど、この監督交代の流れで、ある事実が話題になっていたのでここで取り上げたい。

これはハリルが解任されてから書かれた本らしい。

books.rakuten.co.jp

 

ここにはハリルホジッチ監督を選んだ経緯などが書かれている。監督としての輝かしいキャリアのあるザッケローニ監督を代表監督に据えることができたが、いざW杯が始まってしまうとザッケローニはまるで別人になってしまったとのこと。この経験があったため次は絶対にW杯を経験している監督にしようと日本サッカー協会は決めたらしいのだ。

 

ここに書かれていることは、ぼくが知っていたことと違う。

実際ハリルホジッチになったのは、ザックのような日本のパスをつなぐサッカーという強みを生かすタイプでダメだったので、次は現実的に勝てる道を探る監督にしようということだったはずだ(相手に合わせて弱みをつく、守って縦に速い攻撃など)。で、ハリルで決めたときの責任者が変わってしまってごちゃごちゃしたという感じ。

加えて、ザックで負けた時はザックがW杯慣れしてないから別人になってしまったというよりも、キャンプ地選びに失敗し選手たちのコンディション不足が原因ということがよく言われている。

まあどれが真実かわからないし、どれも本当かもしれない。ぼくはどれも本当の可能性が高いんじゃないかと思っている。

 

ザックはW杯経験ないからダメだった→W杯の経験もあるし日本のサッカーに合いそうなアギーレ招聘→不測の事態でアギーレ更迭やむなし→W杯の経験ありのハリルホジッチ監督招聘

という流れなのだろう。アギーレが八百長問題で更迭の時に日本のサッカーに合うW杯経験のある監督が当時いなかったため、W杯経験のある方を重視してハリルホジッチに決まったのではないだろうか。ただ、ハリルに決めた人が辞めてしまい、この経緯がうやむやになってしまっているのだ。

 

ハリルから西野になったことで結局のところ振り出しに戻ってしまっている。前回大会の失敗を「W杯経験のない監督だったから」と捉えていたはずの当時の日本サッカー協会は、大会2ヶ月前になってW杯経験のあるハリルホジッチ監督からW杯経験のない西野監督に変えてしまったのだ。

それでもサッカーはどうなるかはわからない。そもそもザックでダメだったのはW杯出場経験がなかったからじゃないかもしれない(ぼくが覚えているところでは大事な初戦コートジボワール戦は勝てる試合だった。相手のビルドアップを本田と大迫だけが追いかけていて無駄に消耗してしまったことが問題だと思う)。

別人のようになってしまったのは他に理由があるのかもしれないし、そもそもザック自体は変わったように見えてそうでなかったかもしれない。

何もわからないけど、仮説を立ててその仮説のもと動いてきたはずの日本サッカー協会がまた何もないところに立ち返ったのは事実だ。このままロシア大会を戦って、何か残るものはあるのだろうか。