2017/18シーズンチャンピオンズリーグ決勝。試合を壊すプレーが盛りだくさん

今朝、全サッカーファン注目の一戦、2017/18シーズンのチャンピオンズリーグ決勝が行われた。ウクライナで行われたリバプールレアル・マドリードの一戦は、レアル・マドリードが3ー1で勝利し、前人未到の3連覇を達成している。

 

試合を壊したプレーが盛りだくさん

サッカーには「試合を壊す」と表現されるプレーがある。これは稀なことだが、例えば味方からキーパーへのバックパスがそのままゴールに入ってしまうオウンゴールだったり、相手を負傷退場に追い込む故意のファールだったり。

世界最高峰の舞台で、この試合を壊すプレーが2つ、いや3つ、いやー4つかな、あった。このせいでサッカーの試合としてはあまり面白くない試合だった。しかしエンタメとしての見所はあって、ダイジェストなどで見ると話題性もあって面白いといえばおもしろいだろう。

 

セルヒオ・ラモスの関節技

まず序盤にあったひどいプレー。これで試合が一気に壊れたと僕は思う。セルヒオ・ラモスリバプールのエース、サラーに関節技のように見えるプレーをかまし、サラーが負傷。カードも出ず、肩のあたりだったのでサラーもそのあとプレーに戻ったがすぐに無理だとわかり泣き崩れた。

 立ち上がりからリバプール攻勢だったため、このサラーの離脱は痛すぎる。バルサで言うところのメッシがいなくなるということである。リバプールは得点源を失った。

 

カリウスの自滅

最初は何が起こったのかわからなかったベンゼマの先制点。リバプールゴールキーパーのカリウスのフィードをベンゼマがブロック、そのボールはそのままゴールへ。

まあこういうゴールはたまにあるっちゃある。とはいえ、ネットで話題になっているのを見てみたらどこぞの国の2部リーグの知らない選手たちのプレー、というようなレベルのものだが、それが世界最高峰の舞台で起きるとは。ちなみにこの前のプレーはオフサイドだったりして、リバプールにとっては踏んだり蹴ったりである。

得点源を失ったリバプールが思わぬ形での失点。なんだこの決勝、という展開だった。

 

カリウスの動揺

チャンピオンズリーグ史に残るようなゴールを決めたベイル。これはカリウスノーチャンスだったが、3点目はどう考えてもカリウスのミスだ。ベイルのロングシュートを痛恨のキャッチミス。ファンブルしたボールはゴールへ。

見る限り威力があるわけでもなくそれほどブレてるシュートでもなく、キャッチできると判断したんだろうが、思ったよりシュートに威力もありブレていたようだ。明らかな判断ミスである。まあ先制されたゴールが100%自分のミスで、2失点目はどんなキーパーも絶対に取れないようなスーパーゴールを食らって、動揺しまくっていたんだろうと思う。ここまでくるとかわいそうだなと思った。

 

観客乱入

試合終盤、ロナウドのシュートチャンスがあったがそこへ観客が乱入してきて試合がストップしてしまった。これがなかったらこの試合見せ場のなかったロナウドが何かできたかもしれないなあとちょっと残念な気持ちになった。

乱入って久しぶりに見た。実際乱入があってもカメラは映さないようにする方針があるらしいが、プレーエリアに乱入してきたので映像に残ってしまった。

 

おわり

色々あったチャンピオンズリーグの決勝だ。ぼくはリバプールの序盤の気合いに圧倒されたので、あのままのバランスで試合を見たかったという思いが強い。サラー、マネ、フィルミーノの3トップは得点の匂いがプンプンしていた。それだけにサラーの退場が最もこの試合では残念だった。セルヒオ・ラモスはやはり悪質な選手だなあと思う。能力だけで素晴らしい選手なのに実に勿体無い。

ちなみにサラーはW杯にはどうやら間に合うようだ。一安心である。