カミナリのたくみ君のツッコミはやっぱり痛いらしい

昨日の『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』での話。

大竹がカミナリと一緒の番組収録中にボケ担当のまなぶ君の異変に気がついたという。まなぶ君は何かコメントするたびに隣にいるたくみ君の強烈なツッコミが飛んでくるのを警戒して体をこわばらせていたという。

大竹が想像するに、たくみ君のツッコミは強烈だから、それがいつ飛んでくるかわからない状況では、まなぶ君はコメントのたびに条件反射で体を強張らせてしまっているんじゃないかと。その収録の立ち位置的にはまなぶ君の少し背後の位置にたくみ君がいたようで、まなぶ君からはあの強烈に殴るツッコミの振りかぶりが見えない位置だったらしい。そいういう条件も相まって、まなぶ君はいつ飛んでくるかわからないツッコミに怯えるようにしていたという。

たくみ君は別に毎度のように殴るツッコミを入れる訳ではなく、大きいボケをしないと殴るツッコミはしないらしい。けれどもコメントのたびにまなぶ君がツッコミを警戒しているのに大竹は気がついて違和感があったようだ。

さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』の立ちトークでの話なので大竹がまなぶ君の言動を誇張して面白おかしく喋っていたから半信半疑だったが(聞き手の三村もそういう反応)検証VTRを見ると、大竹は言い過ぎではなく、まなぶ君は本当にたくみ君のツッコミに怯えていた。あからさまに怯えていた。

 

 

カミナリの漫才はたくみ君が独特の間で強烈に突っ込む形が売りだ。最初に見た時は衝撃だったし面白かった。けれども、そのツッコミをもらう方が肉体的に痛みを感じているとなると見え方が変わってきてしまう。

実際、あれだけ怯えていると、もうそこに目がいってしまう。かわいそうになってきてしまう。そうなるともうお笑いどころではない。

あの強烈なツッコミを受けるとなると体にぐっと力を入れないと耐えられないのだろう。だからこそまなぶ君から見えない位置にたくみ君がいると、条件反射で学ぶ君はコメント(それがボケじゃなくても)の後にツッコミを想定して体を強張らせるのだ。条件反射でやってしまっている風に見えたので本当にかわいそうに見えてしまった。

この様子を知っていてさまぁ〜ずトークありきで見ると、まなぶ君のびびり具合に笑えたけれど、それは昨日の『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』限定での話だ。

たくみ君のツッコミがやはり痛いということがわかったので、今後はカミナリで笑えるかわからないなあと思った。

ツッコミが痛いとなると、それはもう暴力だと思う。