寝すぎて頭痛になった日

僕は月に2、3度くらい頭痛に見舞われる。理由はわからない。朝起きたら頭痛になっていて「ああ今日はこれか」という感じ。大抵は朝ごはんをちゃんと食べて昼もしっかり取れば夜には治っている。何事かに集中すれば忘れられるような対したことのない頭痛だ。

ちょっと前までは二日酔いだったりカフェイン切れの頭痛も結構あった。しかし最近は酒を飲まなくなったし、カフェインも切れる前に飲んでいるので大丈夫だ。

 

ただ、今日の頭痛はちょっと違う。寝すぎによる頭痛だ。久しぶりに12時間寝てしまった。変な時間に3時間寝るという生活が続いた先週、ようやくの休みで目覚ましをかけないで寝たらいつの間にか12時間寝ていた。

起きたら頭痛。体はだるい。何もしたくない。でもこのあと仕事。やれやれ。

 

僕はこれまで睡眠時間だけはちゃんと6〜8時間は確保するという生活を送っていた。それがちょっとずれただけでこれだ。ちゃんとしたサイクルで睡眠を十分に取るという当たり前のことが大事なんだなと改めて気がついた。

こういう体調の悪い日に仕事に行かなければならないというのが辛い。まあ自分が悪いんだけど、体調不良の時は普通に休める会社に就職したいものだ。休んでしまった影響が自分にくるだけならいいんだけど、そうでないから休めないのだ。これが組織の弱みだ。

頭が痛くて頭働かないし体もだるくて動かない。何もできることがないが仕事にはいかなければならない。最悪だ。

 

しかしなぜ寝すぎると頭が痛くなるんだろうか。検索検索。

fuminners.jp

www.berry-counseling.com

寝すぎの頭痛には2タイプあるようだ。片頭痛タイプと緊張型頭痛。僕は片頭痛タイプだったのでとりあえず濡れタオルで首の後ろを冷やしてみた。めちゃくちゃ気持ちがいい。

これでなんとかなりそうだ。便利な世の中である。