バルセロナのイニエスタがヴィッセル神戸入団合意、だと!

いまだに信じられなことですが。なんとバルセロナの現キャプテン、スペイン代表のイニエスタJリーグヴィッセル神戸に入団することが発表された。

www.hochi.co.jp

日本、中国、オーストラリアなどの報道があり、僕はギリギリまで信じていなかったけど、本当に日本に来ることになったようだ。楽天よくやった。最高だ。

 

Jリーグには発足時から世界的なサッカー選手がいた。ジーコリネカーリトバルスキー、レオナルド、ストイコビッチ、などなど素晴らしい選手がたくさんいた。でもこれはJリーグ発足時のことだ。まだJリーグが盛り上がっていた時代。

今や海外の優れた選手がそのサッカー人生の終わりに選ぶリーグはアメリカや中国やカタール、オーストラリアなどになり、Jリーグは選ばれなくなった。

そこへ今回イニエスタがくる。これは最高だ。しかもイニエスタはまだ全然現役としてトップオブトップのクラブでプレーできる実力を持っている。今回のイニエスタバルセロナ退団は「近い将来、トップフォームでバルセロナでプレーできなくなるから」というものだ。つまり、まだバルセロナでできる実力なわけである。フル出場はできないものの大事な試合は必ずスタメンだし、イニエスタのいないバルセロナは戦力が落ちる。

 

サッカーをよく知らない人でもメッシやロナウドの名は知っていると思う。イニエスタヴィッセル神戸入団は、簡単に言うとそのクラスの選手がまだ現役で日本のリーグに来ると言うことだ。

ツイッターのフォロワー数で見てもイニエスタが世界的だということがわかる。イニエスタツイッターのフォロワー数はなんと2300万人。ちなみに日本一のフォロワー数の有吉弘行は710万人。テレビで誰かが言っていたけど、このフォロワー数を持つイニエスタが日本に来て日本のことをつぶやくだけでどれだけ日本のアピールになることか。

バルセロナのスポンサーが楽天になったと言うこと、イニエスタキャプテン翼が好き(海外サッカー選手のキャプテン翼ファンは多い)ということが今回の移籍に関係しているのだろう。

 

引きこもりの僕もイニエスタを見るためにJリーグの試合を観戦しに行きたくなった。ただ、神戸というのがネックである。ヴィッセルアウェイの関東のクラブと対戦する試合を見に行きたい。こう思う人は多いだろうからヴィッセルの集客力はすごいことになりそうだ。