行動しない理由は、なんとなく知った気、やった気になっているから

僕は行動力がないなと自分で思う。なんでも先送りだ。ほとんどこないけどメールの返事とか公共料金の支払いとか、やらなければいけないことはほとんど期限がギリギリになってから動き出す。それらが重なってしまった日に色々大変になってウワーッとなってしまうことがよくある。

僕は行動力、そしてやる気がない人間だなあと思っている。

 

行動力がない理由はわかっていて、行動した結果を既に知っているから行動しないのだ。なんとなくやって気になってしまうのだ。

行動するも何も、やる前からその行動の効果を知っていたりする。昨今では一昔前よりも情報が溢れているので、経験する前に知っているということがたくさんある。

こういうことをした方がいいとか、ここはもうレッドオーシャンだから無理とかSNSの個人的な情報から割ときちんとした媒体の情報まで、多くの情報がありすぎて、結果を知りすぎている。で、わかった気になってしまっているから「自分でやってみる」という行動に移れない。

でもこれだと計算ドリルの裏にある答えだけを見て自分の解答を書き込んでいるだけの状態なので、自分に数式の解き方が身につかない。全然ダメダメなのだ。

 

酒、タバコなどわかっちゃいるけどやめられないものは世の中にたくさんある。僕にとってその一つが自分が経験する前に答えを先に知るということかもしれない。まあそこで得た答えなんて本当に答えなのか疑わしいものだけど。

考えるより先に動いて全体像を肌で感じていった方がいい場合もあるし、考えて全体像をしっかり把握してから行動した方がいい場合もある。

色々ある。色々あるけど僕のように行動力がなくやる気もないと自分で感じている人は考えることを止めて行動するのが先決だと思われる。