ロシアW杯はハリルホジッチのままで行った方が良かったのではないか思う今日この頃

日本代表をW杯目前に解任されたハリルホジッチ監督が今日、会見を開いたようだ。

www.nikkansports.com

僕はハリルホジッチの解任は結果が出ていないから当然だろうと考えていた。その上で解任は遅かったと思うし、後任が西野朗元技術委員長というところに疑問を持っていた。

けれどもこの解任騒動でハリルホジッチの言い分や色々なニュースを見て行くと、どちらかというとそのままハリルホジッチで行った方が良かったんじゃないかと思い始めている。

それはなぜかというと、最近の結果が出ていなかったのはハリルホジッチ監督と日本サッカー協会のコミュニケーション不足が原因じゃないかと思うからだ。この解任騒動は単純に、ハリルホジッチがかわいそうだなと思った。

 

ハリルホジッチ東アジア選手権で結果を出せなかった。その上、日本人なら特別視する日韓戦を無様な形で終え、さらに「韓国の方が強いということは最初からわかっていた」などと試合後にコメントしていた。これはもう監督としてダメだろうと僕は思っていた。

しかし、現場で起こっていたことはちょっと違ったのかもしれない。ハリルホジッチ東アジア選手権を「国内リーグの選手をテストする大会、結果は二の次」と捉えていたのだろうと思う。だとしても日韓戦は伝統もあるからもっと力を入れてくれ、が大方のサッカーファンの立場だと思うけど、サッカー後進国のアジアの国同士の伝統などハリルホジッチは知らなかったのだろうと思う。で、知らなかったのは日本サッカー協会が伝えていなかっただろう。そうなると問題は日本サッカー協会にある。

 

ハリルホジッチは選手とのコミュニケーション不足を理由に突然解任されたと訴えている。解任されてしまう前に注告されることもなく、ある日突然言い渡されたようだ。

これが真実だとするとやはり日本サッカー協会に問題があると思う。まだ本戦を一緒に戦うかもわからないテストしている最中の選手たちとの、コミュニケーションという曖昧な評価基準で突然解任というのは厳しすぎる。コミュニケーションを重視するなら最初から日本人監督を選べとも思うし、周りがもっと手助けするべきだっただろう。

 

やはり日本代表のビッグ3を代表から外したことに対するスポンサーの圧力が働いてハリルホジッチは解任されたということになるんだろうと思う。スポンサーが日本代表の10番、と決めた選手を外すと監督はまずい立場に置かれる。昔からそうだ。やはりそうだったのだ。

監督は選手の能力、その時のコンディションで選手を決めたいがスポンサーがそうはさせない。その不毛な戦いによって日本サッカーの進歩は遅れている。

いつのW杯だったか忘れたが、途中出場してきた10番の選手が周りの選手と全く合っていなくて、さらにコンディション不良で自分自身のプレーもままならず、中盤で穴になっていたのを思い出す。ああいうことがまた起こらなければいいけど。