世界と日本のパスサッカーとプロとアマチュアのバンドアンサンブルの共通点

サッカー日本代表からハリルホジッチ監督が解任されて、西野監督が代表を率いることになった。西野監督は攻撃的なサッカーで有名らしい。ということは日本のショートパスをつなぐサッカーが復活するのだろうか。

日本代表も調子がいいときのパスワークは素晴らしいなと思うけれど、W杯でそれを発揮できたシーンは思い浮かばない。日本人に向いているということと、それが世界で通用するかということはまた別の話なのだ。

たまに日本代表の試合を見たりJリーグなどでのパスサッカーを見ていると、やはり海外サッカーとの大きな差を感じてしまう。単純なテクニックのところだ。

ボールを思った通りに止めて、思った通りに蹴る。パスに「こっちに動いてくれ」というメッセージを込めて蹴る。相手の足のどちらかをきちんと狙って蹴る。多少ずれてもすぐに修正するテクニックにも長けている。このようなところで世界トップクラスと日本代表ではやはり大きな差がある。

レベルが下がってくると一つのパスに対して受け手が毎回修正する必要があって、それが時間のロスや選手の消耗を生む。これが1つのパスごとに続く。ちょっとのズレでもそれが続くとテンポが悪くなってしまう。この辺りのほんのちょっとの差が実は世界との大きな壁なんじゃないかと感じる。

 

僕は週末バンドマンである。アマチュアで地道にやっているわけだけど、プロとアマチュアで何が違うのかって考えると、サッカーで言うパスワークのレベルの違いと似ているんじゃないかと感じている。

アンサンブルをしていていて、上手い人下手な人と様々な人がいるとする。その中で一人だけでも雑な音符を出している人がいると、それにつられてしまってみんながどんどん悪くなってしまうのがアマチュアだと思う。悪い影響を受けてしまうのだ。つまりパスの修正ができないわけである。

でも、上手い人はやはりその影響は受けない。ずれたパスが飛んできてもそれによって消耗しない。きちんと修正するし次も正しいパスを出す。そのパスも歩み寄りがあるパスだ。人に合わせる余裕がある。それがプロだ。

たまにプロの演奏を見たり一緒に演奏する機会があるがその時にこのことを強く感じる。やはり基本的な技術の高さと経験をものすごく感じる。

このあたりのバランスがサッカーのパスワークと同じように感じる。