ハリルホジッチ監督解任。ロシアワールドカップを目前のタイミングでの解任の理由は?

サッカー日本代表ハリルホジッチ監督が解任された。まあ、ここ最近の代表を見ていると「そりゃそうだよね」という話である。ベルギー遠征が散々だったからタイミングとしては遅かったような気もする。

解任の理由は色々とあるのだろうけど、まあ素人が試合だけ見ている範囲でいうと、本大会出場を決めた後のチームを作る上で内容も結果も出ていないからというシンプルな理由に落ち着くと思う。

 

ともかく、ロシアワールドカップまであと2ヶ月というところにまでなってのギリギリでの解任だ。噂がそれほどなかったので、僕はロシア大会はこのままハリルと心中なのだろうなと思っていた。

加えて、もしかしたら大会前に研究されないために手の内を隠しているところもあるから弱い、という風にも思っていたのだけど、そういうことでもなかったようだ。

ハリルホジッチが築いてきた3年間よりも2ヶ月で作る物の方が勝率が高いと日本サッカー協会は判断したのだ。

基本的には「日本人のフィジカルとは合わないサッカーが得意なハリルホジッチ監督を招聘した日本サッカー協会の判断が間違っていた」ということになるんだと思う。この責任は誰かとるんだろうか。

 

後任は西野朗氏。ハリルジャパンではベンチにリオ五輪の手倉森監督がいたから彼かなと思っていたけど。加えてこのタイミングで岡田監督が監督業引退を発表しているのが何か日本サッカー協会へのメッセージとも取れなくもない。交渉はあったのだろうか。

西野氏は今の代表に携わっていたらしい。若い日本代表を率いてブラジルに勝ったこととガンバ大阪で強かったという記憶がある。が、その記憶はもう10年20年前だ。ここ最近はパッタリと名前を聞かなくなった監督である。ただそれでもハリルホジッチよりはマシ、という教会の判断なのだろう。

 

 

ハリルホジッチの最後の日本代表の試合で活躍したのは中島翔哉だった。奇しくもハリルホジッチのフィジカルサッカーとは対極にいるような選手だ。それでいて日本にはそういう選手が多い。

西野監督がどういう選手を呼んでチームを作りどういうサッカーを見せるのか注目したい。新しいチームにはなるので、ハリルのサッカーを見るよりは見所があると思う。といってもワールドカップまであと1試合しかないけど。