幸せとは成長を実感できること。なので手っ取り早く成長を感じられるソシャゲにハマってしまう

なぜ人はソシャゲにハマってしまうのだろう。スマホでいつでもできるという利便性と、随所に散りばめられた中毒性が理由に上がると思うが、僕は成長を感じられるからだと思う。

 

幸せとは何か?面倒臭い問題だし人それぞれ考え方はあるだろうけど、僕は「成長」だと思っている。

slices.hatenablog.com

出来なかった過去があって出来るようになった今この瞬間がある、そしてこの今を続けていれば未来もどんどん良くなっていくだろう、という風に実感できたときに僕は幸せを感じる。

成長を実感できたときが最も満たされていて幸せだなと感じるわけだ。この瞬間のために生きている感じがする。

 

で、手っ取り早く成長を実感できるのがテレビゲームやソシャゲだ。

最初は操作方法もわからずルールや仕組みもわからずはじめる。やり続けることで段々理解して行きスムーズにゲームが進み始める。そしてのめり込んでいく。この上昇している感じが幸せなのだ。夢中な瞬間だから「幸せだー」とか思ったりはしないけど。

そうして進めていったゲームをクリアしてやり尽くすところまで行くと急に飽きてしまう。なぜかというと成長がなくなるからだ。

ゲームを放棄するときによく聞くのが「飽きた」という声だ。自分にやり尽くす内容がなくなったゲームを飽きたと表現しているのだ。

しかしこれは少し違っていて、ゲームに飽きているのではなく、成長しない自分に飽きているだけなのだ。成長しない自分は幸せを感じることができないから離れていっているだけなのだ。

これはプロゲーマーの梅原大吾氏が言っていたことだ。だからゲームを生業とする彼は飽きないように毎日一つずつ自分が成長したと感じられることを記録しているらしい。どんなに小さなことでも書き留めるらしい。そうすることで昨日の自分より今の方が成長できたと感じられるから飽きないで一つのゲームを続けられるのだ。

slices.hatenablog.com

 

おわり

なぜ人はソシャゲにハマるのか。それは成長を実感できるからである。成長を実感すると人は幸せに感じる。だから人は幸せを求めてソシャゲにハマっていくのである。

最近ハマったソシャゲに自分がやり込める要素がなくなって、少し冷静になれたのでこのことに気がついた。

 

 

slices.hatenablog.com