若者の〇〇離れというけれど、実際は〇〇から離れているのではなく若者のソシャゲ依存なのでは

例えば読書離れとかお酒離れとか。よく若者の〇〇離れとネットニュースになってその業界から嘆きの声が聞こえてくるけれど、実際は〇〇という何かに興味がないからから離れているというよりは、その前にソシャゲを知ってしまって〇〇に費やす時間などないと言うのが実態ではなかろうか。

ソシャゲをやっているとあっという間に時間がなくなる。ちょっと頑張れば手に入りそうな、目と鼻の先のところにミッションがあり、それをこなせばまた新しい景色が見えてくる。そんな中でガチャを回せばそういったミッションをより円滑に進めることができるキャラクターなりなんなりを獲得することができる。

ガチャを回すためには毎日ログインしたり、ストーリーとは関係ないクエストなるものを片っ端から片付けていく必要がある。これをこなせばガチャを回せる、ガチャを回せれば一定確率で新キャラが得られる、新キャラが得られば気持ちよくストーリーを進めることができる。そこを目指して特に面白くもないストーリーをこなし続ける。この道中がそれほど難儀なくできるので「ちょっとやってみようか」という感じでやり始めて、そしてやり続けてしまうのだ。

ガチャで良いキャラクターを引くと嬉しい。これまで苦戦していたあの敵もこの敵もワンパンでいけたりする。その爽快感ったらない。それを知ってしまうと「アレも欲しいこれも欲しい」とまたガチャを回したくなるのだ。

 

僕は今現在はその先のステージにいっている。今あるメインストーリーは全てクリアし残すところは外伝だけというところまで来たのだ。ここまでくるとなんだかゲーム自体に愛着が生まれてしまっているので外伝もこなして行こうかと思っている。コンプリート欲のようなものが生まれてしまったのだ。

最初は「無課金、メインストーリークリアしたらやめる」と決めて始めたのだが、無課金は守っているものの、メインをクリアしたのにも関わらずダラダラとやり続けてしまっている。

 

難易度設定が素晴らしく、絶妙なのがソシャゲだ。難しすぎない、簡単すぎない。誰でもちょっと頑張ればゲームの中で成長を感じられる。それをタダで楽しめるのだ。課金すればもっと楽だろうけど、無課金でも全然いける。

そして何よりも大きいのはスマホでできるということだ。スマホでできるということはちょっとしたスキマ時間にできるということ。スキマ時間をソシャゲのレベル上げやログインボーナスの回収に費やすことになる。

そうすると必然的にこれまでスマホでやっていた読書なりブログ執筆なりSNSチェック、ネットニュースチェックなどをしなくなる。ソシャゲに時間を奪われているのだ。

ソシャゲはやり始めるとほとんどの人がハマってしまうんじゃないかと思う。頭のいい人たちがいかにゲームから離れさせないか考えに考えたノウハウが詰め込まれているからだ。

そこにまんまとハマって僕はソシャゲに時間を奪われているわけだけど、同じように僕の周りの無趣味な若者も多くがソシャゲをやっていたりする。僕は彼らをゲーマーだと思っていたところがこれまであったけど、もしかしたら彼らはソシャゲ依存者かもしれない。で、ソシャゲをしていたら、そりゃあ読書だの映画鑑賞だの酒だの車だのからは離れざるを得ないのかもなあと思う。それらよりもソシャゲの方が簡単に成長を感じられるので快感や興奮などを手軽に感じられる。だからソシャゲをやるのだ。

成長したい、今より良くなりたいというのは人の本能の中に組み込まれていると思う。それを手軽に感じられるので人はソシャゲにハマる。