R-1ぐらんぷり2018、優勝は濱田祐太郎。色々なネタがあってバランスのいい大会だった

先ほどR-1ぐらんぷり2018を見た。様々なネタがあってバランスのいい大会だったと思う。最後まで面白く見れた。

というわけで全芸人のネタの感想を簡単に。

 

Aブロック

ルシファー吉岡

1発目のネタじゃないよなあという感じ。やっぱりトップバッターはかわいそうだ。若い女子が観客のほとんどという会場で1発目の出番で下ネタを選んだハートの強さは好き。わかりやすいコミカルな演技がちょっとうるさいけど、ネタの発想とか言葉センスは面白かった。

 

カニササレ アヤコ

初見。客が良すぎるなあと思った。序盤、そんなに笑うところなのかと思ってしまった。笑い大きさと不釣り合いな感じのする笑い声が気になって覚めてしまった。変化球系なので、順番が終盤であればハマった気もする

 

おいでやす小田

ホテルのカウンターのセットがすごかったので期待してしまった。そのわりにハネなかった感じ。感情がこもっていて面白かったけれど、このネタは宮川大輔ブラマヨ小杉の声など、叫ぶ声の突き抜ける気持ちよさを持っている人がやるともっと面白いネタだと思う。

 

おぐ

初見。映画『君の名は』というタイムリーなものにあやかる。女子高生がハゲ親父になるという設定と見た目の強さ。設定の勝利という感じ。ただ、出オチというほどでもないけど、徐々に尻すぼみな感じがした。

 

Aブロック雑感

結果は意外に差がつき、おぐが決勝進出。レベルが高いと司会者も審査員も言っていたけれど、レベルが高いというよりはレベルが拮抗しているという印象だった。

僕はなんかどれが進出してもいいなという感じがした。どの人も考えられるという感じ。平均点は低い気がした。

 

 

 

Bブロック

河邑ミク

初見。かわいい。かわいいので2本目も見たい。というのは冗談でネタが普通に面白かった。綺麗な容姿をうまく使ったいい設定のネタ。演技がキレキレだった。

 

チョコレートプラネット長田

これまではチョコプラは小道具に引っ張られていてそこに頼っている感じのイメージだった。小道具をよく作ったなあ、変なもん作ってるなあという笑いだった。

けれども今回はそれを超えて芸として臨場感があって面白かった。ちゃんと小道具が芸の小道具という感じで主役はネタ自身になっていたところがとても良かった。

 

ゆりやんレトリィバァ

人体模写、あるある。友近とかの系譜で、割とテレビでずっと見続けているから目新しさがない。ネタの軸になる模写する人などを、よく見つけてきたなという感じ。僕は好みじゃない。

でも現在テレビに引っ張りだこで、他の大会でも優勝している中で違うネタを持ってくるのはすごい。

 

霜降り明星 せいや

敗者復活2位で出場。うん、こういう人も欲しいよねという感じ。猫ひろし的な感じだ。3分のネタ時間を長く感じるという凝縮されたテンポ感。

 

Bブロック雑感

ここは僕はチョコプラ長田か河邑ミクだと思った。が、ゆりやんと長田が投票で並び、お茶の間投票優先ということでゆりやんが決勝進出。

審査員投票で河村がゼロだったのがちょっと疑問。関根勤とか好きそうだと思ったけど。

 

 

 

Cブロック

濱田祐太郎

初見。漫談。視覚障害者が感じる世間との摩擦を面白おかしく。そりゃそうかと気づきがあり学びがあり、それでいて面白い。笑いがありつつ、マイノリティの意見も知れる素晴らしいネタ。漫談として達者でうまいなと思った。

 

紺野ぶるま

ゆりやんと同じく決勝常連のイメージで、あるあるをどうデザインするかというところで戦っている人という印象がこれまではあった。が、今回はそうではなくてとてもよかった。身もふたもない部分を着色して毒として吐き出す面白いネタ。オチが弱くてもったいなかった。

 

霜降り明星 粗品

初見。R-1でよく見るタイプのフリップ芸。動きがなくて単調になりがちなフリップ芸を、ベタなボケなど挟んで目線を変えつつ展開していてネタに緩急があって良かったと思う。今大会はフリップ芸がいなかったからよかった面もある。

 

マツモトクラブ

僕は好きな芸人だし好きな世界観だけど、今回のネタは絵が少なくてテレビ向きじゃない感じがした。こぢんまりととしたお笑いライブなんかでは受けそうだなと思った。

 

Cブロック雑感

ここは濱田祐太郎霜降粗品が抜けているかなと思った。結果は濱田とマツモトクラブが投票で並びお茶の間投票の結果により濱田が決勝へ。

紺野ぶるまが、自分は獲得票ゼロで凹んでいるだろうに、目が見えなくてイマイチ状況がわかっていない隣の濱田に結果の状況を耳打ちで伝えていたのがグッときた。当たり前にあるべきこととはいえ、あの状況ではなかなかできないことだと思う。本編とは関係ないけれど心に残る感動的なシーンだった。

 

 

ファイナルステージ

おぐ

『君の名は』をモチーフで1本目とは逆の設定。設定の勝利感がすごい。1つのアイディアで2本のネタができる。フリが効きまくっていた。2本ワンセットこんなにも強いのかと。優勝だろうと思った。が、出落ち感は否めないところもあった。最初の笑いの大きさが最後まで持たなかった印象だ。

 

ゆりやんレトリィバァ

やっぱり基本は人体模写とあるあるの人。だから僕は好きじゃないのかなあ。エハラマサヒロみたいな感じ。

 

濱田祐太郎

1本目と同じく、お笑いという職業のとてもいい形だなと思った。感動する感じもあり。喋りがうまくてとてもいい。

 

とてもいい大会だった

優勝は濱田祐太郎。個人的には濱田かおぐが優勝だろうなと思っていたが、投票では意外におぐが伸びずゆりやんに投票が集まっていた。

 

今大会はR-1にありがちなあるある競争とかフリップ芸とかが少なくて色々なネタが見れて楽しめた。それぞれに目新しさもあって期待感も持てた。

濱田祐太郎の優勝はとてもいいことだと思う。実際に優勝に値するネタの面白さだったし、マイノリティが社会との摩擦を笑い飛ばすという形はお笑いの力だと思う。

発想の面白さの笑いとか人をいじる笑いとか空気を読むバランス感覚の笑いとか、そういったものが行くところまで行ってしまった感のある日本の笑いに、また新しい道がきちんと示された感じがする。この優勝のおかげで笑いが一段レベルアップしていくような気がする。濱田にお茶の間の投票が集まったというところもとてもよかったなあと思う。実際面白かったし。

今年のR-1ぐらんぷりはとてもいい大会だった。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com