酒をやめたい。やりたいことがたくさんあるのに意識を混濁させている場合じゃない

僕の場合、酒に酔ってしまうとその日は1日無駄になる。適度な量でやめられない。酒を飲むとあとは眠くなるまで飲むという行動以外は他に手がつかない。

やりたいことがたくさんあるのに意識を混濁さて時間を無駄に使っている余裕はない。というわけで酒をやめたい。そして今もう酒は飲んでいない。正月休みから飲んでいないような気がする。

 

酔っ払ってもいいことがない

酔っ払うと思考力が鈍るし体を動かそうという気がしなくなる。トイレが近くなって脱水症状になるし二日酔いで頭が痛くなるし肝臓は痛めるしいいことは何もない。

なのに飲んでしまうのは付き合いと、精神の回復だ。

付き合いはもうしょうがないだろう。飲み会で一人だけ飲まないというのはちょっと和を乱すような気がするし、同じ金額を払うのに飲まないとちょっと損した気分になる。そもそもお酒は好きだし。まあ僕は人付き合いで酒を飲むというのは年に数回程度でほとんどないことなので、付き合いの時は飲んでもいいと思っている。

で、問題は精神の回復としての酒だ。なんかもう仕事が嫌になってしまうと酒を飲みたくなってくる。酒を飲んで忘れてぐでーっとしたいなあと思う。んで次の日は二日酔いで後悔。仕事の嫌さは忘れるが、二日用意の後悔が始まる。精神の回復のつもりが、その副作用に苛まれるのだ。仕事のストレスは酒で酔うことによる上書きではなく、そもそもデリートしなければならない。精神の回復のための酒はやっぱり間違っている。

そして何よりも、時間が奪われるという問題がある。酒を飲むと他にやれることがなくなる。体は動かせないから筋トレもできないし楽器の練習もできない。ほろ酔いを超えると頭が働かなくなるから本も読めない映画も見れないソシャゲのレベル上げもできない。僕が家でやっていることがほとんど何もできなくなる。ただ酒を食らうだけだ。つまりが多大な時間を奪われているということである。

 

酒をやめたい

タバコがまた値上がりするなんて噂はもう五月雨式に存在している気がするが、10年後くらいになれば酒もそのようになるんじゃなかろうか。経済は回っているけれど、人の体にとって良くないと思う。というか良くないという結果が出始めている。

slices.hatenablog.com

ただの毒水という事実がもっと浸透すれば、酒飲みもいまの喫煙者のように扱われていくのではないだろうか。まあ毒水は言い過ぎかもしれないけれども、自分が素面の時に酔っ払っている人をみると目が濁っている感じで体に悪いものだよなあ感じる。ドラッグのような中毒性や悪影響が見え隠れする。

僕は断酒はまだできそうにないけど、とりあえず家では飲まないというところから始めている。やはり酒を飲まないと飲んでいたときよりも家でできること増えている気がする。

今年は酒をやめたい。酒飲みが酒をやめれば自分の時間が増えるのだ。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com