犬派か猫派かと言われると犬派と答えるけれど、当然猫も好き

今日もネタがないなので今週のお題「ねこ」で書く。昨日2月22日は猫の日だったらしい。「ニャンニャンニャン」というわけだ。

 

白か黒で答えろという難題を突き付けられ〜というMr.Childrenの『GIFT』の一節が頭の中を流れる時が時々ある。答えを求められてもはっきりと答えられないもどかしさがあるときに思い浮かぶ。

猫派か犬派か?という質問を突きつけられたときにもこの曲が頭の中に流れてくる。

どちらか絞らないと絶対にダメだと言われた場合、僕は犬派だと答える。犬の素朴な感じや、ちょっとバカっぽいところや、何かを訴えかけてくるような眼差しが好きだからだ。何より、小学生の頃から飼っていたからということが大きい。

今もできることならまた犬を飼いたいと思っている。昔飼っていたこともあって、やっぱり柴犬がいいなと思うけど、できることなら2匹くらい飼いたい。柴犬とあとは大きなのんびりした感じの犬を飼いたい。まあ自分の世話で手一杯だからそんな余裕はないのだけど。

 

僕は強いていうなら犬派というだけで猫が嫌いなわけじゃない。猫派か犬派か聞かれ、相手が猫派だったのだろう「なんでー?猫かわいいじゃん!」と言われたことがある。

いや、猫が可愛いのは知ってると。どちらか絞れというから絞って犬と答えただけで、僕は猫が嫌いというわけではないのだ。〇〇派と括ってしまったせいでその逆が自動的に嫌いだと思われてしまうのは癪に触る。

 

エスかノーか、はっきりしている方がいいよね、日本人って曖昧だよねという日本人を自虐する意見がある一方で、決められないことがあるのも事実だ。いちいち〇〇派に分けて議論を戦わせる必要はないのだ。猫も犬もかわいいから好き、それでいいじゃないか。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com