WHOがネトゲ依存を疾病指定の方針。たしかにゲームはやめられない

WHO(世界保健機関)がネットゲーム依存を2018年から国際疾病分類に指定する方針なんだとか。

今週のワイドナショーで見たのだが僕にとってはタイムリーなニュースだった。ちょうど僕は今週の頭くらいからネトゲにハマっている。もう軽く依存していると思う。

 

ワイドナショーでは松本や指原がゲーマーのようで、ゲームに時間を奪われるという話をしていた。もちろんゲームが楽しいからという大前提がある。けれどもやり過ぎてしまうのは問題だ。

僕は実際にソシャゲ(ネトゲ?ソシャゲ?課金ゲーム?分類がいまいちわからないけど)を1週間ほど前から始めてみて、その中毒性に驚いている。まさか僕がこんなにハマるとは自分でも信じられないくらいだ。

もう隙間時間のほとんどはレベル上げ、ガチャを回すためのポイント集めに使ってしまっている。隙間だけでなく、家にいるときもやることの優先順位がどんどん上がって来ている。

特に寝る前の布団でやるゲームはヤバイ。やめ時がない。寝なきゃ明日が辛いぞとわかっているのにも関わらずやり続けてしまって睡眠時間が削られている。

一旦やめて寝ようと目をつぶっても、頭の中で考えてしまう。で、「あ、あそこ行ったらどうなるんだろう」とか「いやーあいつもっとレベル上げとかないと」とか色々考えが湧き出てしまって、ついスマホを手にとってまたやり始めるという愚かな行為をしてしまう。

これはスマホでできるゲームというのが問題なような気がする。スマホはいつも自分の手の届くところにあるし、すぐに起動できる。それが便利さだが、すぐに起動できるというのはゲームをすぐに始められるということだ。

これが据え置き型のゲーム機だったらちょっと違う。いちいち電源を入れてロード時間があってしばらくしてから起動という流れだ。この待ち時間が煩わしいから一度やめたらもうやり直したりしないと思う。

スマホだと本当にすぐにできる。手にとって親指一つの動作ですぐにさっきの画面に戻る。というわけでやってしまうのだ。

 

ゲームというのは時間旅行だなと思う。いつの間にか夢中になってしまって気がついたときには時間がすぎている。時計の針を誰かが回したんじゃないかと思うくらいだ。

夢中になれる理由はやはり「成長」だと思う。どんどん成長していくキャラクター。成長することでやれることが増えていく。今まで苦労していたことが簡単にできる気持ち良さ。このあたりの感覚がうまく盛り込まれているので、やり始めたら止まらなくなってしまうのだ。


もちろんいい面もあって、退屈な時間がなくなるというメリットがある。僕は主に仕事の車移動中にやるのだが(自分で運転はしない)煩わしかった移動時間が楽しみの時間に変わった。

これまではスマホで本を読んだりネットニュースを見たりこのブログを書いたりしていたが、なかなか集中できないことの方が多かった。

けれどもソシャゲは一瞬で集中できる。ゲームの世界に行ける。気がついたら移動時間が終わって目的地に着いているといった具合だ。