レースクイーン廃止という残念この上ないニュースについて思うこと

極めて残念なニュースが入って来た。なんとF1がレースクイーン廃止を発表したというのだ。

news.livedoor.com

立派な職業の一つが失われてしまうという残念さを感じる。

 

なぜ廃止なのか?

唐突な感じのするこのニュースを聞いて「なんで?まさか女性蔑視的な?」と最初に思ったのだけど、やはり理由はそうだった。近年「女性蔑視ではないか」という言葉が高まっていたらしい。

しかし中止を検討、とかじゃなくてもう決定事項であるということが残念である。

 

レースクイーンの役割

F1は「現代の社会規範とずれている」として今回廃止を決定したようだが、この問題は割と難しいと思う。

僕はF1は見ないからわからないけれど、レースクイーンというのは格闘技におけるラウンドガールと同じような役割がある思う。ラウンドガールは男性の闘争心に火をつけるという意味合いがある。男性の闘争本能がくすぐられ、選手のパフォーマンスがより上がるのだ。

男性は美しい女性を見ると興奮する。それが勝負の世界のスパイスになる。人間の動物の部分をうまく使った演出だと思う。

だからレースクイーンもいた方が選手のパフォーマンスが上がってF1自体が盛り上がっていいと思う。

 

やりたい人がいないなら廃止でいいけど

レースクイーンをやりたい人がいないなら廃止でもいいと思うけど、やりたい人は多分たくさんいるんじゃないだろうか。そういう人たちの活躍の場を奪うことにもなる。

華やかな場に出て自分を輝かせたい女性、闘争心に火をつける選手、そんな女性を見て目の保養をしたいおじさん、この構図はまあまあいいバランスだと思うんだけどなあ。

 

おわり

レースクイーン現代社会の規範とずれているようなので、レースクイーンのような他の職業が徐々に失われていく流れになるのかもしれない。

そうすると女性のそういう存在は完全にエロだけになり、性を売り物にはしたくないけれど女性の美しさをアピールしたいというような女性たちの活躍の場が減っていき、男性女性とも悲しい気持ちになって味気のない絶望的な社会になってしまう気がする。

 

 

アンビバレント

slices.hatenablog.com