好きなドラマーというにはおこがましい、アイドルという言葉がしっくりくる

ネタがないので今週のお題「私のアイドル」で書く。

 なんかアイドルというと誰か一人に絞れという空気をちょっと感じるのは僕だけだろうか。アイドルに傾倒する人は熱烈な人が多く、他に浮気しないと言うイメージがある。もはや信仰のような感じだ。こうなりがちなのは日本に宗教があまり浸透していないからかなあと思ったりする。

 

まあ、アイドルを一人に絞るのは僕には無理である。たくさんいる。でまあ、僕はドラムをやっているので僕にとってのアイドルはドラマーだ。

ドラムをやっていると「好きなドラマーは?」なんて聞かれることもあるのだけど(楽器やっている人あるあるか?)、いつもこの質問にどう答えるか困る。好きなドラマーはたくさんいるけれど、好きだなんておこがましくて言えないと考えるからだ。

好きは好きだけど、めっそうもないという感じ。「影響を受けた人は?」なんていう風にも聞かれるけど、影響を受けられていないのでこれも違う。

そうなってくると、アイドルとい言葉がしっくりくる感じがする。だから僕にとってのアイドルはドラマーなのだ。というわけで僕のアイドルを紹介。

 

Steve Jordan

www.youtube.com

いやあもう最高ですよね。この気持ちいい感じをいつか出せるようになりたいが人生を何度やり直せたとしてもたどり着けない気がする。奥田民生と一緒にやっていた時に日本に来ていて2日連続で見に行ったのはいい思い出。

ただ、世界的な人なので好きだなんて言うのはおこがましい。まさにアイドル。

 

Keith Carlock

www.youtube.com

これまた最高ですよ。一体何が起こってるのかわからないのだけど、とにかく音が綺麗で好き。

こういう感じのテクニックで注目されて出てきた人ってテクニックをわかりやすくすごく見せるためかなんだかわからないけどアタックが強くて分離感のある太鼓を叩く人ばかりだけど、この人は太鼓とシンバルが自然に鳴っていて綺麗。「ドラムセット演奏してます!」感があって好き。

ただ、キース・カーロック好きですなんて言ったら自分が上手い人に思われそうだしそもそもこの人のやっていることを全く理解できていないので好きだなんて言うのはおこがましい。ゆえにアイドル。

 

James Gadson

www.youtube.com

はい来ました生ける伝説。誰もがイメージするようなthe ドラムサウンドと言うべきか、めちゃめちゃいい音である。ちなみに世の中で初めてサンプリングされたドラムの音というのはこのジェームス・ギャドソンのものらしい。

生ける伝説に好きだなんていうのはおこがましい。よってアイドル。

 

沼澤尚

www.youtube.com

日本人からも。日本ということで情報が多いので本当にアイドル的に見ている。映像はたくさんあって参加アルバムも多数。

今日あげた人はみんなそうだけど、参加作品すべて聴きたいと思うけど時間もお金も足りなすぎるのでそれはなかなか難しい。というわけで好きだと言うなんておこがましい。だからアイドルなのだ。

 

おわり

なんか結局、僕の好きなドラマーを紹介しただけのようになってしまったが、断じて好きなドラマーではない。僕にとってのアイドルなのだ。まだ延々と続いていってしまいそうなのでこの辺でやめておく。