肉体労働をしているのにも関わらず今年の目標がダイエットだというおじさんについて

ネタがないので今日も愚痴。

僕の仕事は肉体労働である。まだ機械に代替されない程度には複雑な仕事を、人間の体力で解決してお金にかえる仕事だ。この寒い冬でも汗はかくし、とてもカロリーを消費する。

僕はこの仕事を始めて間もない頃は何キロか痩せたし、中年にさしかかっている今でもほとんど体重は変わっていない。それはこの仕事ゆえのことだと思う。大変な現場では筋肉痛になったりもする。おじさんだから翌日じゃなくて1日遅れてくるけど。

というわけでうちの会社に太っている人というのはあまりいない。デブとしてこの会社に入ってきた人でも入社して1年で10キロ痩せてガッチリ体型になった人もいる。うちの仕事をしていれば、食生活がそのままであればどんな人でも痩せていくだろうと思われる。体を動かした分だけ食欲が増したとしても現状維持か少し痩せると思う。増えることはない。

 

そんな中で、1年で10キロ太り、今年の目標はダイエットだと息巻いているおじさんが一人いる。社員で古株、この道25年になろうかというおじさんだ。

このおじさんは小学生の時から吸っていたタバコを何年か前にやめて1年で一気に10キロ太った。口寂しくなり間食が増えたのだろう。移動中のハイエースではよくスナック菓子を食べている印象がある。昨日も運転席足元に柿ピーが落ちていた。食べるのは勝手だけど気をつけてもらいたいものである。

おじさんはタバコをやめて太ったことを数年気にしていたが、当然気にするだけで体重は減ることはなく、まだ徐々に増えているらしい。というわけで今年の目標がダイエットなのだとか。ジムに通うとか言っている。

そのおじさんの仕事ぶりをそばで見ている僕に言わせればこれはふざけた話である。我々がやっているのは肉体労働なので、日々の仕事をもっときちんとやれば太ることはないと僕は思っているからだ。

 

おじさんは社員で権力があるので自分で仕事を選べる立場だ。分業制のうちの仕事は役割によって肉体労働の比率が全然違う。機械の力を借りているので、使いやすい機械だったりするとほとんど体力を必要としない。でいて完全に一日中手作業な肉体労働もある。つまりその日の役割分担によって全くカロリー消費が違う。その決定権は現場責任者にあり職歴が長いものにある。

普通のバイトであれば肉体労働の比率が大きく、たまに楽な機械作業をやらせてもらえる感じ。現場責任者はチーム統率など他に仕事があるので基本は負担の少ない機械作業でごくたまに肉体労働という感じだ。

現場によってはみんな肉体労働という場面もある。逆に、みんな機械作業ということはない。やはり基本は自分の体力が必要な肉体労働だ。

なのでジムに通う前に、肉体労働の割合を増やせば痩せるじゃん、といつも肉体労働を振られている僕などは感じるわけだ。他の社員は「いつも肉体労働だから今日はこっち」とか、人のバランスを見て役割を変える。いろんな人に機械も触らせておかないと潰しが利かないし、後ろが使えてしまうからだ。

けれどもこのおじさんはいつも自分が楽な仕事をとる。必ずと言っていいほど肉体労働は他の人間にやらせる。でいて機械作業でも仕事も遅い。とにかく動きが遅い。このおじさんの早歩きする姿すら僕は見たことがない。

昔からいる人曰く、年々動かなくなってきているとのこと。まあ年齢もあるのでしょうがないだろう。

 

僕はこのおじさんと仕事をすると自分のノルマが増えるので嫌なのだが、最近たまたまこの人と仕事がすることが多くて憂鬱である。明日も一緒だ。やれやれ。おじさんは明日の柿ピーは何味にするんだろうか。