好きなサンドイッチを作ると自分の精神年齢がわかるという診断をやってみた

今日ツイッターで発見したのが「好きなサンドイッチを作るとあなたの精神年齢がバレる診断」だ。

選択肢の中から選んで自分好みのサンドイッチを作って行くと最後に精神年齢がわかるという。

www.buzzfeed.com

 

サンドイッチって食う?

この診断をやってみて思ったのは、僕はそれほどサンドイッチを食べないということ。コンビニでもサンドイッチはちょっと割高な気がするから、パンの気分の日でも買うことはない。そういえばサンドイッチのファストフードのサブウェイも行ったことがないかもしれない。サンドイッチなんてよく知らないのだ。

この診断の最初の質問で、まずパンの種類が6種類もあることに驚いた。食パン、バケット(フランスパンって言っちゃうけど)あたりはサンドウィッチとしてもまあ馴染みはあるけど、ベーグル、クロワッサンともなるとサンドイッチになるのか謎だ。どちらかというとワッフルとかも入ってくるようなスイーツ枠だと思っていた。

さらにはカイザーロール、ラバーシュなどという初耳のパンの種類もあった。全く知らなかった。

 

サンドイッチでわかる精神年齢

さて、サンドイッチを作る6つの工程にサクサク答えて行くと僕の精神年齢が出た。

f:id:slices:20171215224551p:plain

うーむ、完全なるおっさんである。5個上だ。

精神年齢が低いというのは人をバカにするイメージがあるから低かったら嫌だなあと思っていたけど、高くてもそれはそれでちょっとヘコむのだなと知った。自分の趣味おっさんかよって。

まあでも、「コレに合うのはコレだろう」というのは年齢相応の経験値が物を言うだろうし、サンドイッチ自体に明るくないからベタにはなる。そうすると攻めてないという意味でも精神年齢は高くなるのだろう。

じゃあもう一度、攻めた組み合わせで自分で食べてみたくないサンドウィッチを作ってみた。すると

f:id:slices:20171215230435p:plain

17歳の若返りである。やっぱりそうだ。この診断はバランスの良いサンドウィッチを作れば精神年齢は高くなり、組み合わせのバランスを考えないで作れば精神年齢は低くなるのだろう。

 

 

おわり

精神年齢が高くても「心は成熟しています」とか、低くても「個性を追求したいあなた」なんて言われるとどちらになってもそれほど悪い気はしないんじゃないだろうか。優しさに溢れる診断だった。