アジアで戦うサッカー日本代表の試合を見て思う、自分の特徴の活かすことの難しさ

今、日本代表のアジアの大会の試合中だ。ヨーロッパのリーグがシーズン真っ只中なため、日本代表はシーズンを終えたJリーグの選手で構成されているようだ。

ハリルホジッチジャパンは相手によって戦い方を変えるチームである。メンバーも固定ではないから毎回違った印象がある。

現在前半が終わり中国相手に0-0。あまり面白い試合ではない。アジアの試合という感じだ。

まあ前半のちょっとしか見ていないわけだけど、このレベルだと、相手のプレッシャーのある中で、きちんとボールを止められて落ち着いてパスを出せる選手が少ないので、そういう選手がいたら良い選手として目立つ。大島が良かったようだが怪我で退いたようで僕は見れなかった。

 

周りに比べてどうか?

今日のアジアのサッカーを見ていると、このレベルで自分の特徴を出せていないと難しいなと思う。

例えば浅野のように「とにかく足が早い」とかでも良い。このレベルで、自然と自分の特徴が突出している選手でないと世界では戦えないだろう。

特徴というのは結局のところ相対化である。例えばあんなに足が早い浅野でもセネガル代表ではそれほど目立たなくなるだろうし、高さがあると言われる杉本も世界のフォワードと比べれば世界基準だろう。

特徴なんて周りと比べてどうか?というだけである。レベルが上がるにつれてその特徴は目立たなくなる。

だからこそ、アジアレベルではその特徴で無双してほしい、と思うのだ。

 

特徴を伸ばすか、弱点をなくすか

日本代表でも世界に通用する選手はいる。で、世界に出てその特徴をさらに伸ばすかというとそうではなくて、他のレベルを上げた上でその特徴を活かすということをしている。

例えばスペインのエイバルで活躍している乾であれば自身のドリブルをよりキレよくするわけではなく、戦術理解やこれまで弱かった守備を強化することによって世界レベルのリーグでコンスタントに試合に出れるようになった。

この判断がちょっと難しいのかなと思う。中盤の選手が特に。自分の特徴が守備の場合そちらに特化するか、それとも攻撃もそれなりにできるようにするか。特徴を生かすか、弱点を減らすかという判断の話である。

で、どうやら日本のJリーグのレベルで突出しているだけでは、その特徴のみで戦うことは難しいらしいという答えは出ている。世界に出て、弱点を減らす努力をしなければならないのだ。

 

おわり

話は変わって一般社会の話だと、ネットで世界が繋がった今では自分の特徴などすぐに相対化されてしまって、皆ただの人である。優れた人は日替わりのバズる人だ。毎週のようにバズる人はいない。

偉そうにサッカーのことを書いたけど、僕自身は特徴すらもつかんでいないし、サッカーでいうと学生の部活レベルでしかやっていない。何もないただの人だ。

それにしても中国代表のユニホームがかっこいい。黄色いソックスがスタイリッシュだ。

頑張れ日本。