焦がしにんにくのマー油と葱油が香るザ・チャーハンは飯も酒もがっつり食べたい日に

久しぶり冷凍チャーハンなるものを食べた。スーパーに並んでいてそのデザインが気になったので、いつかは食べてみようかなと思っていたやつだ。

f:id:slices:20171109162253j:plain

焦がしにんにくのマー油と葱油が香るザ・チャーハンである。

パワー感があってなかなか目を引くデザインだ。斬新な感じがしたので新進気鋭の食品メーカーなのかなと思いきや作っているのは味の素である。期待大。

 

そのお味は?

まずアマゾンレビューを見てみるとその評価は星1つから5つまでばらけている。んで平均は3という感じだ。

その中で面白いレビューがあった。

5つ星のうち5.0

胃が弱いカスは食べるな ガリガリで胃が弱い奴は俺のレビューを読むように

投稿者アマゾネス2017年10月21日

油ギトギトで肉もぷりぷり。米も一粒一粒が存在感があってネギも香りが凄いんや。
食の細いガリガリ君とか虚弱体質の人らには絶対にお勧めしないぞ。これは選ばれたもののみに許された食品や。
冷凍食品なのに健康云々とか言っているくそレビューアーとか、2回に分けて食べても体調を崩しましたとか言っちゃってるやつらになりたくなかったらとにかくお勧めしないで。
潔く本格チャーハンでも食べてなさい。
ザ・シュウマイとあわせてたべるとその日の食卓は完璧。

アマゾネス氏によると選ばれたもののみに許された食品であるようだ。確かに食の細い人には合わないかもしれない。例えば、「こってりラーメンはちょっと苦手」という人には向かないだろう。

 

僕の感想としては「冷凍なのにすごい」という割と普通の感想だ。焦がしにんにくのマー油と葱油が香るザ・チャーハンは冷凍食品なのにもかかわらず、街の小さな中華料理屋で食べれるような味がしていると思う。

ただ、味が濃い。600gで2食分だが、僕は1食は酒のつまみとして、もう1食はちょっと白飯を足して食べた。

酒のつまみとしてはちょうどよかった。酒も飲みたい、飯もがっつり食べたいという日にはうってつけである。炭水化物に酒、デブを恐れないストロングスタイルである。

白飯を足せばまあ量も増えるし味の濃さを自分で調整できるのでいい感じだ。

 

ただ、普通に食べるのは僕にはちょっと無理かなという感じだった。味が濃くて飽きてしまうのだ。

米やら肉やらにしっかり味がついているのだけど、米も肉も全て同じ味なのだ。肉はわりかし大きいのが入っていてすごいなあと思うのだけど食感が変わるだけで同じ味だ。中華の旨味脂味という感じ。それがもちろん美味しいのだけど、味がずっと同じではあるから僕にはくどかった。

例えばカレーなら全てぐちゃぐちゃに混ぜて食べるような感じ。蕎麦や刺身ならわさびを全て汁や醤油に解いてしまって全てがその味になってしまう感じ。味のクラデーションは楽しめない。肉も米も同じ味なのだ。だから飽きる。

逆に言うと、こういう食べ方が好きな人、そしてこの味が好きな人は本当に好きだろうと思う。僕は味の変化もたまに欲しい派なので、この味の濃さには飽きてしまった。

 

おわり

これがまあ250円とかなら驚きだしリピーターになるかもしれないが、意外と値が張って500円くらいするのだ。そうなると僕はまあちょっと買わないかなという感じだ。冷凍食品で基本的には食べるものがない時用の保存食だし、別に味が落ちてもいいから安いほうがいいかなと。