ブラジル、ベルギー戦を戦う日本代表25名発表。香川、本田、岡崎がまさかの落選!

サッカー日本代表のメンバーが発表された。今回は11月に行われる親善試合ブラジル戦、ベルギー戦に召集される25人のメンバーだ。

W杯出場を決めた日本のテストマッチとなる。強豪のこの2チームとやれるというのは素晴らしいことである。

今回選ばれた25人は香川、本田、岡崎が選ばれないというサプライズがあった。

 

欧州遠征日本代表25人

GK
川島永嗣/メス(フランス)
東口順昭ガンバ大阪
西川周作浦和レッズ

DF
酒井宏樹マルセイユ(フランス)
酒井高徳ハンブルガーSV(ドイツ)
長友佑都インテル(イタリア)
車屋紳太郎川崎フロンターレ
吉田麻也サウサンプトンイングランド
三浦弦太ガンバ大阪
槙野智章浦和レッズ
昌子源鹿島アントラーズ

MF
長谷部誠/フランクフルト(ドイツ)
遠藤航浦和レッズ
山口蛍/セレッソ大阪
井手口陽介ガンバ大阪
倉田秋ガンバ大阪
森岡亮太ベフェレン(ベルギー)
長澤和輝/浦和レッズ

FW
久保裕也/ヘント(ベルギー)
浅野拓磨シュトゥットガルト(ドイツ)
原口元気ヘルタ・ベルリン(ドイツ)
乾貴士/エイバル(スペイン)
大迫勇也/ケルン(ドイツ)
杉本健勇セレッソ大阪
興梠慎三浦和レッズ

 

香川、本田、岡崎、選ばれず

今回の代表メンバーには少し驚かされた。ここ数年日本代表を支えて来た香川、本田、岡崎の3人が選ばれなかったのだ。

個人的には本田はわかるけど、香川と岡崎が選ばれない理由がわからない。

ハリルホジッチ監督はこの3人の落選の理由を

「他の選手を選んだということ。それはテストするため。ただ、その選んだ選手たちのパフォーマンスは良いですよ。今、名前の挙がった選手たち(本田、香川、岡崎)は前回の合宿で評価していない。やはり、彼ら本来のパフォーマンスを見せることが出来ていないと言うこと。そして、他の選手よりも良いパフォーマンスを出し続けてくれればここにもちろんいることになります」

>>本田・香川・岡崎が衝撃の落選! 理由は「本来のパフォーマンスを見せてないから」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

と語る。 つまりこの3人に関してはクラブチームでの活躍は関係なく、代表チームでの合宿で結果を出せなかったということだ。

岡崎などは強豪ひしめくプレミアリーグ序盤で8試合4ゴールというキャリアハイのペースで活躍している。香川もドルトムントとなれば結果を出しているように思う。本田もメキシコでスーパーゴールがあった。調子は上がっているようだ。

このように3人はクラブでは活躍はしているが選ばれなかった。代表合宿でのパフォーマンスはわからないけど、世界で活躍する選手を世界の大会を戦うために召集しないとはちょっと意味がわからない。

合宿でのパフォーマンスに満足していなとのことだが、この3人は単に今の日本代表の戦術に合わないだけだと思う。能力は抜けているだろう。「チームカラーに合わないから外した」という理由なら納得できるのだが。

とはいうものの、まだW杯まで時間があるし、若手を試せる猶予がある期間だから、確定している選手は呼ばない、ということでもあるのかなと思う。

 

どうなる、ブラジル、ベルギー戦

さてこの25人でFIFAランク2位のブラジルと5位のベルギーとどう渡り合うのだろうか。まあ我慢して我慢してどこかのチャンスで点取れればいいよねというような地味なサッカーになるだろうことは容易に想像できる。

最終ラインはいつもの通りで中盤は長谷部、山口、井手口で走り回ってボール奪取。ワントップの大迫に任せてラインの押し上げ、両アタッカーも頑張る選手を入れるだろう。

守って守ってあわよくば、というサッカーになりそうである。南アフリカW杯から成長はしていないのである。

 

おわり

そういえば今回は僕が好きだったヘーレンフェーン小林祐希も外れた。彼はもう当確だと思ったのだが。

現時点では優れた能力がある選手を集めてうまく機能させて日本代表を作っていくというよりは、現実的に戦える、というか守備ができる選手で固めてなんとかする、という方向がハリルホジッチの中にあるのだと思う。

そう考えると日本代表のサッカーはW杯に初出場した1998年のフランス大会から、あまり進化していないようにも思われる。