ザ・クロマニヨンズはライブの後に打ち上げをしないらしい。好き。

最近、ザ・クロマニヨンズが新譜を出したようで、各所メディアで目にすることが増えた。僕はハイロウズまでしか聞いていないのだけど、ネットの記事にインタビューがあったらたまに見たりしている。

そのインタビューで面白いものがあった。

news.yahoo.co.jp

タイトルに惹かれて読んだものだが、違うところに共感したので、今日はそれについて書く。

 

クロマニヨンズはライブの打ち上げをしない

クロマニヨンズの活動方針(方針といっても好きなようにやっているだけで決めていないみたいだけど)が語られる中で、普通のバンドと違うんじゃないかなと思ったのが、打ち上げをしないということだ。

ボーカルの甲本ヒロトが次のように語っている。

インタビュアー クロマニヨンズはライヴが終わった後の付きもの、打ち上げをやらないんですよね?

甲本 何にもやらないですね。やっぱりライヴっていうのが一大事で、とても楽しいものだから、打ち上げもいらないんですよね。ディズニーランドに行った後に打ち上げをやるようなもので、最高に楽しかったんだから、もう帰って寝ようよ、みたいな感じ。

 

インタビュアーの人が言うように、打ち上げというのはライブ終わった後の付きものなのだ。そこでその日の疲れを労ったり一緒にライブをやった人たちと交流を深めたりするわけだ。まあおまけのようなものである。

でもクロマニヨンズでは打ち上げはいらないという。やっぱりライブがメインで目的だとして、完全燃焼したとしたら、打ち上げなどいらないのだ。

 

マチュアバンドマンたちの打ち上げは地獄

僕はアマチュアで10年ほど様々なバンドで活動している。で、ほとんどのバンドがライブの後に打ち上げをしている。僕はこの打ち上げが結構嫌いである。ヒロトの言うようにライブをメインとして考えている派である。

しかし、時にはライブよりも打ち上げが目的なんじゃないかという人たちもいたりする。ライブで盛り上がれなくても、打ち上げが盛り上がればそれでよし、的な世界観があったりする。

まあ、そういう人は大体パリピである。バンドもみんなで盛り上がる手段としてやっているのだろうと思う。

対バンと呼ばれる幾つかのバンドが集まってライブを運営するようなアマチュアライブでは、前述のように、打ち上げをライブ並みに盛り上げたいマインドを持ったパリピがそこかしこに存在しているので、大体それに巻き込まれてしまう。

ライブのクールダウンとして、軽く飲むだけなら全然いいのだけど、そういう軽いものをパリピたちは想定していない。

 

僕は演奏が楽しくてバンドをやっているので、この打ち上げが結構ツラい。ライブが楽しいので、その後の打ち上げのつまらなさったらない。打ち上げがくっついていなければいいのに、といつも思う。ライブよりも疲れる。

まあでも人との交流はするべきだし、そういう世界がマジョリティーなのだろうし、打ち上げには出るべきだなと思っていたのだが、クロマニヨンズが打ち上げをしないということを知って、自分の考えもそれほど間違ってはいないんじゃないかと思い始めている。