『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』現実も映画の中も20年後の物語

インデペンデンス・デイ:リサージェンス』を見た。この映画は20年前の『インデペンデンス・デイ』の続編である。現実でも20年経ち、映画の中でも20年後という設定だ。

僕は20年前に『インデペンデンス・デイ』を映画館で見たので注目していた作品である。

www.youtube.com

<以下ネタバレあります>

 

普通に続編

『リサージェンス』は新しい映画ではなく、『インデペンデンス・デイ』の続編だった。「前作を見ていない人も楽しめる」という類のものではないと思う。

監督も前作と同じ、ローランド・エメリッヒ監督。俳優も前作の主要な人物は同じ俳優が演じている。ここはリアルに20年経っているのでしっくりくる。

 

前作を見ていないと楽しめない

率直にいうと『リサージェンス』はそれほど面白い映画ではなかった。

物語としては超巨大宇宙船が地球に襲来するも、人類は巨大宇宙船の中にいるラスボスを単体でおびき寄せることに成功し、そいつを撃ち殺して終了。「女王」と呼ばれるラスボスが死んだら超巨大宇宙船は去っていって人類勝利。

この薄い物語の中に、前作を彷彿とさせるシーンが所々に盛り込まれてくる。大統領のアツい演説、宇宙人にションベン引っ掛ける感じなどなど。

まあ面白いけど、これらのシーンは物語の軸としてがっつり盛り込まれているわけじゃなく、「ああ、あの時のあれか」程度の感じで出てくる。

前作を見た人は前作のシーンを思い出しながらグッとくる感じ。リアルに20年経っているというところで、まあグッとくる。懐メロのような感じだ。けれどもこれは、前作を見ていないと楽しめないシーンなのだ。

 

続編、くる?

最終的には人類勝利で終了だけど、巨大宇宙船をぶち壊したわけじゃないし、物語は含みをもたせていると思う。

前作の焼き増しシーンで構成された『リサージェンス』で唯一と言っていい新しいポイントは、全宇宙の科学技術の結晶のような機械の生命体が出て来たことだ。

ただの白い球体のこいつは人類側であり、超巨大宇宙船の「女王」と対立している立場の存在である。宇宙で長く女王と対立して来ており、この度人類に知恵を与えて女王を滅ぼすためにやって来たという設定だ。

『リサージェンス』ではこいつのおかげで人類は勝利したとも言えるが、こいつを持ち上げた割には作中での存在感は薄かった。というわけで新しいところがなくてつまらない映画だなと思ったのだけど、こいつを今回出して来たおかげで続編はいくらでもできると思う。

白い球体の科学技術で人類は飛躍的な進歩を遂げて宇宙に出て行って他の女王を駆逐するという物語もできるだろうし、こいつが経験して来た戦争をスピンオフでやったりもできるだろう。宇宙戦争系のSF映画のシリーズ化ができるのだ。

『リサージェンス』がヒットしたら続編を作れるだろうし、それを視野に入れていると思う。そのために白い球体は今回影が薄かったのかもしれない。

 

終わり

インデペンデンス・デイ:リサージェンス』はあまり面白くはなかったけど、前作の『インデペンデンス・デイ』を見た人なら見てもいいと思う。映像はすごいのでそこそこ楽しめるはずだ。

しかし大陸を覆うほどの超巨大宇宙船との戦いが、あっという間に一体のエイリアンとの戦いになるというまとめ方がすごい。めちゃくちゃ乱暴である。力技すぎる。この荒さが他にない気がして逆に面白いけど。