酒の場ならあまり酒が飲めないとしても、飲んだ方が色々と言い訳が効いて便利

飲み会に出ておいて、酒を飲まないのは勿体無いと思う。これは酒代を払っているのにその分飲まないのはもったいないといことではなく、酒を飲んだ方があとあと言い訳ができるから便利だということだ。

酒の場というのは普段できない話をしたりする。よく「腹を割って話す」なんていうけれど、そうすると、普段我慢していることや思っているけれども言えないことなんかも話すことになる。

日々の愚痴なんかも酒の勢いで出てしまったり、強めの意見が出てしまったりする。

そういう時にはシラフよりも酒を飲んでいた方が有利である。

なぜなら、相手にとってまあまあ失礼なことを言ったとしても、「酒の勢いですいませんでした」とか「酔っ払ってたんで覚えていません」とか言い訳ができるからだ。

相手が酒飲みであればこれは結構通用するのだ。その場は「酒の場だからしょうがないよな」なんて治ったりするのだ。これはすごいことだと思う。

酒の勢いを借りて、ちょっと失礼に当たるけど、本当に思っていることを言う。で、後日謝り、「あの日はちょっと酒飲み過ぎていました」という一言を添えるだけで、何となく収まるのだ。

 

酒の場の会話は「言いたいけど言えなかったこと」を相手に認知させることができる。言いたいけど言えないことというのは、ちょっと相手の心をえぐってしまうような強い意見だったりする。だから言えなかったことなのだ。

酔っ払いの発言として「言いたいけど言えなかったこと」を言ってしまえばいい。その意見が相手にとって失礼だったとしても、「酒の場だから」で切り抜けられるし、その意見を「ああ、あいつは実はこう思っているのかもしれないな」くらいには相手に伝えることができるのだ。

というわけで酒というのは守りながら攻めもできる便利な道具なのである。

 

だから僕は酒が一滴も飲めない人でもできれば飲めるようになった方がいいのになあと思う。ちびちびでもいいから、1杯くらいは飲めるようになれば、この酒の便利な力は使うことができる。