17/18シーズン バルセロナ夏の補強まとめ。ひどい補強で無冠で終わりそうな匂いがするけど

夏が終わり、欧州サッカーの夏の移籍市場も閉幕した。

僕が見続けているバルセロナの今夏の補強はとにかく迷走していたという印象だ。

 

FCバルセロナ in

ネルソン・セメドベンフィカ
ジェラルド・デウロフェウミラン
パウリーニョ広州恒大
トーマス・フェルメーレン(レンタルから復帰)
ウスマン・デンベレ(ボルシア・ドルトムンド)

今夏の補強でもっとも重要視されていた右サイドバックベンフィカからセメドを獲得。開幕スタメンだったセメドは即戦力でいい補強という感じ。

次の目標だった中盤の選手から話がこじれてきた。ずっと噂されていたPSGのヴェラッティは獲得できず、中国マネーで都落ちした印象のあるパウリーニョを高値で獲得。

ネイマールを失った代わりに将来有望な20歳のデンベレをクラブ史上最高額の136億円で獲得。

フェルメーレンがレンタルからしれっと復帰してきている。

 

FCバルセロナ out

マテュースポルティングポルトガル
クリスチャン・テージョベティス
ジョルディ・マシップバジャドリード
ネイマールJr(PSG)
サンペールラス・パルマスへレンタル)
マルロン・サント(ニースへレンタル)
ドウグラスベンフィカへレンタル)
ムニルアラベスへレンタル)

ここは何と言ってもネイマールのPSG移籍だ。バルサのフロントが200%無いとか明言していたのに去ってしまった。

そしてテージョがベティスへ完全移籍。レンタル3年を経た25歳のカンテラーノの移籍はやはり寂しい。縦に速い選手として出てきて、バルサにない個性を放っていて楽しみだった頃が懐かしい。

センターバックの控えとして期待のあったマルロンがニースへレンタル。なぜなのか。

バルサの今夏の最後の移籍のニュースはムニルだった。バルサに残っても背番号が与えられない状況だったが最後の最後で行き先が決まり御の字か。

 

残った選手に出番はあるのか?

今夏移籍が噂されていたが残留した選手が何人かいる。アルダ・トゥラン、アンドレ・ゴメス、ラフィーニャ・アルカンタラだ。

まあラフィーニャは残ってくれてよかったなと思う。イニエスタの衰えを感じる今、ポジションを奪い取るつもりでいてほしい。

ただ、ラフィーニャのポジションはそもそもインテリオールなのかいまいち謎ではある。今のフォーメーションだと右アタッカーがいいのかもしれないが、そこにはデンベレが来ているしデウロフェウもパコもハマっているし、競争は激しい。かと言ってインテリオールもバルサっぽい感じはまだしない。何気に決定力はあるし運動量があるので重宝はされるけど。

ラフィーニャは良くなって来たら大怪我をするというイメージがある。ともかく今シーズンは怪我なく過ごしてほしい。

 

昨年の移籍市場閉幕ギリギリにやって来たのがアンドレ・ゴメスだ。ディフェンスで貢献していた部分もあったが、本来期待されていた活躍は見せられなかった。

とはいえまだ24歳であるし1年目だし、今シーズンで何か結果を出してほしいと思う。まずはメッシとの連携だろうな。

 

問題はアルダである。まあ移籍するだろうなと思っていたけど何気に残ってしまった。

中盤に怪我人が重なった時には重宝されるだろうし、ネイマールの代役としてもうまくいっていた時期もあるが、今シーズンはチャンスはあるだろうか。

 

センターバックは大丈夫なの?

バルセロナセンターバックの補強として噂のあったソシエダのイニゴ・マルティネスも獲得できなかった。

17/18シーズンのセンターバックの登録は4名でピケ、マスチェラーノ、ユムティティ、フェルメーレンだ。一応頭数は揃ってはいるが不安すぎる。ここにマルロンがいればまだいい気がするが、レンタルでニースに行ってしまった。

誰か一人が怪我をしてしまったらかなり不安なセンターバック陣である。そもそもフェルメーレンが1人としてカウントできるか怪しい。もうずっと怪我人枠の人という感じである。

30代が3人もいるこのセンターバック陣で長いシーズンを戦えるのだろうか。

 

無冠で終わりそうな匂いプンプンだけど

ツイッターなどでは今夏の補強があまりにひどかったため、「無冠に終わる気がする」という声もわりと見られた。

確かに、ヴェラッティを取れなくてそのままズルズルといいニュースがなく、デンベレコウチーニョだったらコウチーニョじゃね?って時にバルサ史上最高額でデンベレを取り、その後はコウチーニョ獲得ならず何もなしという悪夢のような補強だった。

ただ、思い返せば去年はかなりいい補強だと思って迎えたシーズンだったけど、結局はコパのみという結果だった。

昨年はブラボ、アウベス、バルトラ、モントーヤアドリアーノ、サンドロなどバルセロナを助けて来た選手たちが何人も去って行ったシーズンでもあったのだ。

そこへ即戦力でかなりいい補強をしたかに見えたがうまく行ったのはユムティティだけという現状である。

つまり結局は何もわからないのである。どうなるかはわからない。この後、パウリーニョがはまりデンベレが覚醒しないとも限らない。

というわけで今シーズンも期待を持って見守りたい。