【水曜日のダウンタウン】クロちゃん嘘ツイート監視企画が笑えなかった

ひさしぶりに23日放送の『水曜日のダウンタウン』を見たらおなじみの「〇〇説」ではなく、「クロちゃん嘘ツイート監視企画」というドッキリ企画をやっていた。

 

クロちゃん嘘ツイート監視企画

たまに『水曜日のダウンタウン』に説を実証する側として出演する安田大サーカスのクロちゃん。とある説の時にツイッター上で嘘をつきまくっているということが発覚したらしい。

というわけで今回はツイッターで嘘を吐きまくるクロちゃんへドッキリ企画。クロちゃんを24時間体制で1週間監視し、その嘘を暴く。

その方法がエグい。番組で「リアルクロちゃん」という専用アカウントを開設し、嘘ツイートを重ねる本人の傍らで、クロちゃんの本当の行動を逐一ツイートするというものだ。

クロちゃん本人がそのアカウントに気づくと、このドッキリは一気にシリアスになる。本人の背後から撮った写真とともにツイートされる真実にゾッとするクロちゃん。当然だけど、身の危険を感じていた。

 

笑えなかった

これがネットでは好評だったようだ。

togetter.com

でも僕は、さすがにこれはやりすぎだなあと思ったし、それほど笑えなかった。

クロちゃんは嘘つきということはツイッターのフォロワー達も知っているようだし、その嘘も「デブだけどダイエットをして頑張っている」という嘘だ。飯を抜いたとか歩いて帰ったとか。

ずっとデブのクロちゃんなんだからもう自明の嘘なのだ。何か周りが困るような嘘じゃない。アイドルがう◯こしないと言う嘘と大差ない。

この企画は嘘つきクロちゃんにお灸をすえる企画だ。たしかに「嘘をついて何が悪いんだ」と開き直て嘘を重ねるクロちゃんには引いたけど、それにしても、このような方法で糾弾するほどの嘘ではないと思った。

 

最後の怒涛のリアルクロちゃんのツイートはゾッとした。どんどん不安が募っていく様子が見て取れた。クロちゃんは身の危険を感じただろう。

水曜日のダウンタウン』のドッキリだと分かった瞬間「よかった〜〜」というクロちゃんのリアクションで思った。これはドッキリの範疇に収まるものなのかと。相当な精神へのダメージだ。芸人さんって大変すぎる。

せめて最後、

スタッフ「どのへんからドッキリだと思いました?」

クロちゃん「部屋に監視カメラがあった時に気づきました」

みたいな会話があれば、TVショーとして笑えたところもあるけど、ドッキリだと分かった瞬間のクロちゃんのリアクションは、僕が見たところ本気だった。

だからこそ、ショーじゃなくてリアルでクロちゃんはダメージを受けていたと思うのだ。そしてそれはやりすぎだと思うから笑えなかった。これを見守るスタジオの芸能人が笑っているのが怖いと感じたくらいだ。

叩ける人は徹底的に叩く風潮がネットにはあるけど、それをテレビでもやっているんだなあと思い、ちょっとゾッとしたところがある。それをみんなが笑っているのが怖い。

僕は本当に笑えなかった。

 

おわり

ドッキリというのはかけられる方としては結構わかるものらしい。何度もかけられているとカメラの位置とかなんとなくわかるようになるようだ。

で、分かってもプロだから乗っかるということも少なくないようなのだ。

今回がそういうドッキリならば笑えたのだけど、リアクションをするクロちゃんを見るとそうは思えなかった。普通にクロちゃんの精神面を心配してしまうドッキリだった。

最近のドッキリは時代に合わせてSNSなんかも駆使してこんなことになっているのかとちょっと怖くなった。