自分の感情をコントロールするには、自分に「三人称」で語りかけるだけでよかった!

世の中腹の立つことは多い。一度イラっとしてしまったら、しばらくは嫌な感情に支配される。そして嫌な気分になり、生きていくのが嫌になる。

そんな人に朗報だ。怒りやイライラなどのネガティブな感情をコントロールするコツがネットで話題になっていた。

www.newsweekjapan.jp

 

アメリカの大学の心理学の実験

アメリカのミシガン州立大学ミシガン大学の心理学の研究。自分の頭の中での自分を三人称で呼ぶと、感情をコントロールしやすいことがわかったという。

普通、人は頭の中で1人称で話しているが、これを三人称に変えるだけでいいらしいのだ。

サイエンス・デイリーが紹介した方法はこうだ。

例えば、ジョンという男性がいたとする。最近恋人に振られてしまい、気持ちが動揺している。ここでジョンが自分の感情に向き合い、「俺は何で動揺しているんだ?」と一人称で自問するより、「ジョンは何で動揺しているんだ?」と三人称を使って自分に語りかける、という具合だ。

ミシガン州立大学では一人称の場合と三人称の場合で脳波を調べるという実験を行ったようだが、三人称で話した場合の方が感情に関する脳の領域の動きが急速に低下したというのだ。つまり感情の動きが減ったということだ。

 

同じくミシガン大学でもこのような結果が出たらしい。さらに、一人称を三人称に変えても、脳の消耗は変わらないようだ。

モーザー准教授の実験と同様に、心の中の独り言を三人称にして思い出している間は、感情的に辛い経験を思い出す際に関係するとされている脳の領域の活動が、一人称の時と比べ少なく、感情がコントロールされていることが示唆されたという。さらに、モーザー准教授の実験と同様に、三人称での独り言で必要となる労力は、一人称で話す時と変わらなかったという。

 

自分を俯瞰する

無駄な感情にとらわれない方法として、「自分を観察する」という方法がある。『反応しない練習』という本に書いてあった。

自分が今どういう欲望に囚われているか整理して観察すれば冷静になれる、というものだ。

slices.hatenablog.com

本を読んだときはなるほどそうか、と答えを得たような気がして嬉しくなり、実践しようとしていたが、これが結構難しい。自分を俯瞰することが必要だが、そううまくはいかない。欲望を観察する前に感情があるからだ。

 

ここに、今回のアメリカの心理学の実験でわかったことと併用すればいいかもしれない。ただ心の中の自分を三人称にするだけだ。それだけで感情のコントロールがしやすくなる。

ただ、心の中の自分を三人称にすることに慣れてしまって、どんなことも三人称で語ってしまうと問題だろうと思う。嬉しい感情も三人称にしてしまうと、感情の動きが減り、嬉しさも減少してしまうだろう。

 

ネガティブな時だけ心の中の自分を三人称に置き換えて俯瞰する、というテクニックでイライラせずに幸せに暮らせるかもしれない。