【芸能人の不倫】昔はもっと緩かった?雨上がり決死隊・宮迫博之の不倫について思うこと。

2016年の芸能界の不倫のニュースは強烈だった。そして今年もワイドショーを賑わせているのは芸能人の不倫のニュースだ。

 

石田純一も干されていた

この件に関して「昔の芸能界はこんなに厳しくなかった」との声も芸能人からは聞かれるが、ひと昔ふた昔前に「不倫は文化」と発言した石田純一氏もこの発言によって芸能界を干された期間があったと聞く。『おぎやはぎの愛車遍歴』で本人がそう言っていた。

ちなみに「不倫は文化」と本人は言ったことがないらしい。週刊誌がうまく切り取って報じたのだ。そんなことで干されてしまったのだ。今や大御所の域だが、かなり危ない時期だったらしい。

この石田純一氏の件から考えると、問題になること、干されることは、昔も今も別に変わらないじゃないかと思う。「昔はもっと緩かった、今はもうSNSがあって大変だ」などという発言は、ただ単に昔の記憶を美化しているだけに聞こえる。

とはいえ、例えば勝新太郎が、ビートたけしが、となると話は別になってくるんだろう。

「昔の人は無茶苦茶やってた」の昔の人というのは頂点からさらに突き抜けた人を指していると思う。スペシャルワンだからこそむちゃくちゃやれていたに過ぎない。ボールを奪われた瞬間に優雅に歩き出すイブラヒモビッチのように、本当に代わりのきかない人にのみ許された特権のようなものがあるのだ。その人を取り巻く環境よりもその人の方があらゆる意味で強いから、その人の行動は倫理的におかしかったとしても大体まかり通るのだ。

で、ほとんどがそこまでのステージに上がっていない人だ。そういう普通の人の不倫にはどうやら世間は厳しいのである。

 

雨上がり決死隊宮迫博之の不倫報道で24時間テレビ関係者がブチ切れ

こんなネットニュースがあった。

news.livedoor.com

宮迫の不倫は、芸人だし面白おかしくおイタが過ぎた的なノリで収束していくかに思われた。実際そうでいいと思うし、まあ詳細はよく知らない。とにかく宮迫は不倫に関して「オフホワイトです」と語っているらしい。いい感じの回答だなと思った。

宮迫の不倫は、僕がよく見るダウンタウンの番組などでこれからずっと松本人志にいじられることになるだろうから楽しみである。松本は未だに陣内智則の離婚をいじっていてそのしつこさが面白い。

 

ただ、宮迫は俳優としての活動やがん保険のCMなど幅広く活躍している。芸人の枠には治っていない。こういう仕事をするからには、イメージというのは大きく関係してくるだろう。

宮迫は24時間テレビというクリーンなイメージのあるチャリティー番組にも出演が決まっているらしい。そうなると不倫騒動というのは大きなマイナスだ。違うところに目がいってしまう。目がいってしまったところで、不倫を面白おかしくいじれるようなカラーの番組でもないだろう。

これがバラエティーだけに出演している芸人であれば、おもしろ可笑しく笑いにできるのだろうが、宮迫の活動の幅を考えるとそうもいかないのだ。

宮迫は24時間テレビに参加できない可能性もあるらしい。頂点まで行き切っている人であればこんな噂も出なかったのかもしれない。