除夜の鐘がうるさいとクレームをつけていた人は、夏の花火大会についてはどう思っているのだろうか

バコン、バコンと外から音がした。最初は何事かと思ったが、すぐに「そうか今日は花火大会だったか」と気がついた。昨日の夜にブログを書いている時のことだった。

昨日8月5日は全国的に花火大会が多かったようだ。なんと全国で109件、関東だけでも38件の花火大会が催されたらしい。

>>8月5日の花火大会|花火大会2017

花火の時間というのは大体19〜21時くらいだと思う。ゴールデンタイムだ。僕は大体このくらいの時間にブログを書いている。そんな時にバコン、バコンと花火がなっているので気が散った。

1発1発、絶妙な間を開けて来るので、次のバコンがいつ来るのか気になり始めてしまうのだ。そういうモードに入ってしまったらもうおしまいだ。

 

2週間ほど前には、花火ではなくて夏祭りがあった。

その時僕は車の運転をしていて、いつも使う裏道でシャッター商店街を走っていた。その日はいつもと少し雰囲気が違った。いつもは時化た商店街なのに、街灯には提灯が灯っていた。すると、みたこともないような渋滞に捕まった。

どうやら片側1車線の細い道路で大人たちが神輿を担いで練り歩いているのだ。そのせいで大渋滞が起こっている。もう20時も超えていたと思うが子供達も小さな神輿を担いでいた。大小含めて5つくらいの神輿だったろうか、道路を100メートルくらいに渡って占拠していた。

ちょうどその時は僕が向かう方向と逆の道路で神輿を担いでいたので、僕の方は野次馬渋滞にはまった形でじりじりとは進んでいたのだけど、逆方向はまさに地獄だった。神輿の最後尾にパトカーがつき、その後ろにはとんでもない渋滞が続いていたのだ。

いつもこの時間帯はスカスカの裏道なので、見慣れない光景で圧巻だった。

その日は21時になってもドンドンカラカラとうるさかった。僕は目的地に遅刻した。

 

年に一度のお祭り騒ぎはいいけれど、そもそも道路で神輿を担ぐ必要があるのだろうか。狭い道だからギャラリーはほとんどいない。みんな参加者だ。

誰に向けてやっているのか疑問だった。ギャラリーがいるとすれば渋滞でイライラしている車たちだけだった。

参加している地域の人が楽しめればいいのだから、すぐ近くにある公園や、歩道の方がいいのではないかと思った。もしくは、警察までいるのだから、最初から通行止にして欲しかったと思う。もともと裏道だから道はいくらでもあるのだ。商店街を通行止することなんて容易だと思うが。

 

そういえば今年だったか、除夜の鐘がうるさいとクレームがあり、そのクレームを受け入れて除夜の鐘が中止された寺があるというニュースがあった。

そのクレーマーは夏祭りが生む渋滞や騒音についてはどう思っているのだろうか。

除夜の鐘に対してのクレームは何も今回が初めてではなく、昔からあったらしい。夏祭りや花火大会にも毎年のようにクレームが届いているのだろうか。