天下一品の「あっさり」ラーメンを食べてみたら、普通に美味しい昔ながらの醤油ラーメンだった

久しぶりに天下一品に行ってきた。

天下一品とは京都の屋台から始まり、今や全国に展開しているラーメン屋である。

www.tenkaippin.co.jp

ここの特徴は何と言っても「こってり」と呼ばれるコーンポタージュスープのようにどろっとしたスープだ。

天下一品のこってりラーメンはレンゲでスープを飲みながらじゃなくて普通に麺だけをすすりながら食べても、どろっとしたスープが麺に絡んでスープと麺を同時に楽しめる。

天下一品にはこの「こってり」の他に「あっさり」というスープもある。「こってり」が美味しいので天下一品に行くとどうしても「こってり」を注文してしまい、なかなか食べる機会のないラーメンである。

今日はそんな天下一品の「あっさり」を食べてきましたよ、という話。

 

普通に美味しい昔ながらの醤油ラーメン

天下一品の「あっさり」は見た目は本当に普通の醤油ラーメンだった。綺麗な醤油色のスープに「こってり」と同じ麺にネギ、チャーシュー、メンマが載っている。「中華そば」と言いたくなるようなラーメンである。ちょっとメンマが多い気がしたのがメンマ好きの僕としては嬉しかった。

さて、味はどうか。味もこの見た目通りだ。ベタに普通に美味しい昔ながらの醤油ラーメンだ。

食べる前までは「こってり」が薄まって「あっさり」なのかなと思っていたけど、そうではなかった。これは全然別物だ。「こってり」の延長線上にはない。別の店のラーメンといってもいい。「こってり」と比較すると「あっさり」というだけで、「ザ・中華そば」というようなラーメンだ。

 

ファーストインプレッションでは日高屋と一緒!」と思った。日高屋幸楽苑のような、安いラーメンのチェーン店の味とさほど変わらないような感じだ。本当に素朴な、普通の醤油ラーメンという感じ。

でも食べ進めてみるとちょっと違う。先の安いラーメンチェーンはもっと油が多くて、あくまでイメージだが黒い感じの油の味という印象がある。それに比べると天下一品の「あっさり」は油が少なくて旨味が多い気がした。

日高屋幸楽苑のラーメンは食べ終わった後にすぐにスープに油膜ができるほど油とスープが分離している感じなのだが、天下一品はそんなことはなかった。

 

天下一品には看板の「こってり」や今回僕が食べた「あっさり」の他に「屋台の味」というのもある。位置づけ的には「こってり」と「あっさり」の中間であるらしい。ネーミングからすると、天下一品の創世記を支えたラーメンのスープとも言えるのかもしれない。

今度はこれを食べに行きたいと思う。