おっさんが新しいものになかなか手を出さないのは、自分が変わるのが面倒くさいから

おっさんが新しいものになかなか手を出さないのは、自分が変わらなきゃいけない状況に置かれるのが面倒くさいからだと思う。

僕はおっさんだらけの職場で働いているが、よくそう感じる。そんなおっさん達を見て、少なくとも僕は新しいものを見ていきたいし、決して頭ごなしに否定してはいけないと自分に言い聞かせている

 

LINEを使わないおっさんの心理

新しいことを始めるということは、これまでの自分が変わるということだ。始めるものによって少しだけ変わったり、大きく変わったりする。

歳を取ってくるとそういう変化を恐れるようになる。これまでの自分を変える必要があり、それは面倒くさいと感じるからだ。

ある時職場のおっさんに「ラインって便利なの?」と聞かれた。おっさんはLINEをやっていない。スマホ歴5年ほどにもなるのにスマホガラケーのようにしか使っていない。最近ようやくグーグルマップの便利さを覚えた人だ。

僕は「便利だからやった方がいいし、仕事の時間変更の連絡もできればラインにしてほしい」と伝えた。

僕の職場の現場仕事は急遽の時間変更が時々ある。変更の連絡は担当者からの電話やショートメールだ。

連絡自体は会社からではなく個人の携帯電話から個人の携帯電話にくるので、LINEがあるならその方が便利なのだ。時々ショートメールで連絡が来るが、ショートメールなど全く使わないので気がつかない。気がついてないから返事をしないのだけど、返事がなかったら把握していないというふうには考えてくれない。「こちらは連絡したからね」というスタンスだ。

こういうことが多いならショートメールをチェックするようにするけど、これが半年に1度くらいのペースで来るから辛い。

 

というようなことを伝えたのだけどおっさんは「ラインは個人情報ガー、勝手に友達申請ガー」とか言い始めた。LINEのちょっとネガティブな情報だけはやたら詳しいのだ。

おっさんは「自分が使わなくていい理由を探している」というスタンスなのだ。おっさんの普段の仕事ぶりと今回の短い会話でそんな印象を受けた。

 

便利な未来に嫉妬している?

この根底にあるのは「変わるのは面倒くさい」ということと、「未来に嫉妬している」ということだと思う。

おっさんはこれまで生きてきた人生よりも残り時間の方が少ないということを理解している。そして、これまで生きてきた自分の人生は少しでも肯定したいはずだ。

そうすると、これまでになかった新しく便利なものというのは、邪魔な存在になる。「これが自分の若い頃にあったらもっといい人生だったんじゃなかろうか」と思うからだ。実際に僕もそう思う。転勤族だった小学生の時にLINEがあったらなあと思う。

そういうふうに自分が思わないために、「新しいものには手を出さない」というのが、おっさんの人生の処世術なのだ。歳を重ねるというのは未来よりも過去の方が増えていくとも言えるので、わかる気もするけれど。

 

手を出さないなら手を出さないだけでいいのだけど、タチが悪いのは、デメリットだけ詳しかったり、そこから新しいものを頭から否定してくるというところだ。否定するなら使ってみてからにしてほしい。

 

「最近の若者はたるんどる」なんて話は死ぬほど繰り返されている話題だ。古代のエジプトでもされていた話題だという噂もある。

この話も、若者=新しいものを否定して自分の人生を肯定したがったり、便利な未来に嫉妬しているおっさんの心理が生んでいるのだろう。

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com