【95%vs200%】ネイマールはバルセロナ残留?パリ・サンジェルマンへ移籍?

海外サッカーはシーズンが終わりコンフェデなど大会も終わって、話題は選手の移籍の噂で持ちきりだ。

スペインサッカーを見ているバルセロナファンの僕にとっては、とりあえずバルサの右サイドバックの補強が決まったことと、柴崎岳のヘタフェ移籍で1部昇格というのがうれしいニュースだった。

特に柴崎がスペイン1部ヘタフェで見られるというのが日本人の僕としてはとても嬉しいことだ。個人的にはヘタフェはどういうサッカーをするか印象が薄い。あまり特徴がなくて監督によってその都度変わり、1部と2部を行ったり来たりというイメージがあるが、だからこそ柴崎は試合に出て活躍する隙間があるんじゃないかと思う。

そんな日本人としてうれしい話題がある反面、話半分、いやそんなわけないだろうと思っていたネイマールの移籍の噂が現実味を帯びてきている。

 

ネイマールが移籍する可能性を考える

ネイマール移籍の話はもう移籍市場が開いた時からちらほらと噂されていた。それも具体的でフランスのパリ・サンジェルマンへの移籍の噂だ。

ネイマールの去就に関してはネイマール父親が代理人を務めているらしいのだが、その父がフランスに渡ってるだのなんだの連日ニュースになっている。

そしてその交渉が最終段階に進んでおり、ネイマールの移籍は95%の確率で起こるとスペインのメディアが報じているらしい。

www.soccer-king.jp

まじかと。そもそも噂があること自体がバルサファンの僕にとっては信じたくないことだけど、まあ、ネイマールに関しては移籍したくなる気持ちも分からなくもない。

ネイマールは確実にメッシとクリスティアーノ・ロナウド世代以降のサッカー界のヒーローになれる選手だ。先の二人は30歳を超え、選手生活ももう終盤。一方ネイマールは25歳で全盛期になろうかとしている。

そんな中でバルセロナでメッシに気を使いながらプレーするのか、それとも自分が好きなようにプレーできるチームを選ぶのかという2択は浮かび上がってくる。

メッシに気を使うというのは具体的にいうと「守備に追われる」ということだ。チームとしてメッシが守備を免除されている所がある分、ネイマールはしっかりと守備をしなければならないのだ。それで消耗して攻撃に専念できないこともあると思う。「俺めっちゃ仕事してんのに、なんであいつだけ」なんて組織に属せば少なからずあるだろう。

それが、ネイマール自身がバルサにおけるメッシのように他のチームで特別な存在になり攻撃に専念できる環境に身を置いてみたいという気持ちになるのは自然なことだと思う。いつも考えるようなことじゃないだろうけど、ナーバスになった時とか調子が悪いとになんて考えてしまうだろう。25歳の若者なんだし。

そこへ代理人の父親はより金銭的に恵まれていた方がいいと考えそうなものだし。さらには、昨シーズン開始前に同郷のアウベスが去ってしまって寂しくなったというのもあるかもしれない。アウベスはネイマールにとってバルサでも代表でもいい先輩であったはずだ。

というわけでネイマールの移籍というのはありえない話ではないのだ。

 

ネイマールが残留する可能性を考える

一方でバルセロナの副会長はこの噂に関して「ネイマールは200%残る」と明言しているという。

思い返せば昨シーズン終盤のバルセロナを救ったのはネイマールだった。まさに移籍先と噂されるパリ・サンジェルマン相手に奇跡の大逆転に最も貢献したのがネイマールだ。

中盤のパスワークがなく、チームとして連動性の薄くなった終盤のバルサネイマールのドリブルだけが攻撃陣の強みだった。ネイマールはチームに必要な選手なのだ。バルサが手放すわけがない。

さらにメッシ、スアレスネイマール、MSNと語られるこの三人は皆南米の選手でとても仲がいい。練習でも試合でもその仲の良さが伺える。三人でサッカーをやることに喜びを感じているように見える。

自分が点を取れる場面でも、アシストしあう関係だ。漫画のような世界観である。そしてこれまではスアレスネイマールがメッシをナンバーワンとしてリスペクトしてアシストしていたことも多かったが、最近ではメッシも自分の得点ではなく二人に譲るシーンも見えてきた。こういう状態のバルサは強かったし、見ていてとても面白かった。

ネイマール自身もバルセロナでプレーするのは楽しいはずだ。

 

95%vs200%

上の記事によれば現地メディアはネイマールの移籍95%、それに対しバルサ副会長が200%ない、つまりありえないとの回答だ。

ありえないとは言いつつもネイマールが出るんならユベントスからディバラを獲得しようという動きがあるとの噂もあるのだからよく分からん。サッカー選手の移籍の話題はなんでもござれなのだ。95%や200%なんて数字はあてにならない。

僕としては7割方はネイマールは残留すると思っている。まだまだバルサでのネイマールは見たいし、そもそもパリ・サンジェルマンは微妙な気がするのだ。

夏の移籍市場は8月31日まで。まだあと1ヶ月以上ある。さて、どうなることやら。