「空飛ぶ車」がもうそこまで来ている。トヨタ、ウーバーも参戦中

最近、トヨタが「空飛ぶ車」を作ろうとしているというニュースがあった。

gigazine.net

www.youtube.com

見た感じ、まだまだ実験段階で残念な仕上がりである。めちゃめちゃうるさいし、飛べてない。それに空飛ぶ車というよりもドローンだ。地上も走れるドローンという感じ。2020年の実用化を目標としているようだが、一体どうなるか。

 

もうそこまで来ている「空飛ぶ車」

トヨタのは一体いつ実用化されるのかちょっと想像しがたい感じだけど、世界に目を向けてみるともう「空飛ぶ車」というのは実現されそうなことになっている。

 

  • エアロモービル

www.youtube.com

これは本当に飛行機という感じ。スロバキアのエアロモービル社の空飛ぶ車である。この車、なんともう予約を開始しているのだとか。

 

  • テレフギア

www.youtube.com

これはまだコンセプトモデルだが、エアロモービル社のものよりも実用性を感じる空飛ぶ車である。

飛行機ではなくてドローンなので滑走路がいらない。ドローンなので操縦も難しくないかもしれない。これは是非とも実用化してほしいなと思う。

 

空飛ぶ車の未来

ネットで探してみると「空飛ぶ車」を作っている企業は結構あった。なんと配車サービスでおなじみのアメリカのウーバーも「空飛ぶ車」事業に乗り出しているんだとか。

「空飛ぶ車」はもうそこまで来ているのだ。

思えば初代iphoneが発表された10年前はこんなにスマートフォンを使う未来が来るなどとは思っていなかった。

というわけで、トヨタの2020年は難しそうだけれど、10年後の2027年だったとしたら割といけるのではないかと思う。

特に、ドローンのテクノロジーの進化がめざましい昨今、ドローンタイプの車だったら実用的だし未来がある気がする。