犬と猫の語源由来は同じ?猫はよく寝る子だから「寝子」というらしい

昔々に撮った猫。公園のベンチのど真ん中でこぢんまりと寝ていた。

f:id:slices:20170705171841j:plain

僕はつい最近知ったのだが、猫はよく寝る子ということで寝子、というのが語源らしいという話を聞いた。

まじかよと。さて、検索検索。

 

猫の語源は?

確かに、よく寝る子「寝子」からきているというのが最初に出てきた。

ネコの語源は「ネコマ」の下略という説が多く、猫は夜行性で昼間よく寝ることから「寝子」に「獣」の意味の「マ」が付いたとする説。 「ネ(寝)」に、「クマ(熊)」が転じた「コマ」が付いたとする説。 「ネ」が「鼠」、「コマ」が「神」もしくは「クマ(熊)」とする説などがある。

ネコ・猫(ねこ) - 語源由来辞典

昔はネコではなくネコマと呼ばれていたらしい。よく寝る獣という意味なのだとか。でもこれは一説で他にも説があるようだ。

他は鼠(ネ)を捕る子だからネコとか、鳴き声の聞こえ方からネコになったのではとか様々だ。

nekonew.com

そもそも猫は日本では弥生時代くらいから人間とともに生きてきたという歴史があるようだから、いろんな説があるのも頷ける。

 

じゃあ、犬の語源は?

猫とくれば犬も気になる。犬の語源はあるのだろうか?

猫と同じ、語源由来辞典というサイトで調べてみると、

犬は縄文時代から家畜化されており、自然界の言葉と同じく基礎語にあたるため、語源は以下の他にも多くの説があるが特定は難しい。

イヌ・犬・狗(いぬ) - 語源由来辞典

とのこと。古すぎてわからんというわけだ。犬の方が猫よりも古い歴史があるようだ。弥生と縄文となれば現代人からすればあんまり変わらないけど。

犬の語源で面白かったのは、猫と同じで「寝る」からきているのではないかという説。「家で寝る」の意味で「イヌル」→「イヌ」となったのではないかと。

 

 おわり

確かに犬猫、こいつら寝てばっかだしなあ。

それにしても、「寝る」という共通点で、犬と猫の語源由来が同じだという話になってくるとなぜか熱く込み上げてくるものがある。

犬猫は縄文時代弥生時代から人間の生活に溶け込んで人々に癒しを与える一方で、たまに「いつも寝ていて、羨ましい」とか、現代と同じようなことを思われていたんだろうか。