アニメ『進撃の巨人』season2 終了。実は人間対元人間?『進撃の巨人』は漫画版ナウシカか?

アニメの『進撃の巨人』season2が終わった。12話しかないのであっという間だった。僕は原作を読んでいないので、アニメだけを見た視点で感想や今後の予想を書きたい。

 

今後の流れが示される

season1ではとにかく巨人の恐怖が描かれる。そして主人公たちは巨人に対抗するために調査兵団に入る。巨人と調査兵団の対立を描く。『進撃の巨人』の世界観の提示だ。

それがseason2では巨人は実は人間だったというところで話が終わっている。このように謎の一部が解明されたが、まだその先に謎がある。

そういえばseason1のラストで人類を守っている壁の中に巨人がいた。この謎が解明されると思いきや、未だ放置。その謎を知る司祭のようなおっさんがいたがそれほど言及することはなく、調査兵団を指揮している存在や国を統治している存在が出てこなかった。この辺りは腑に落ちない。

とはいえ今後の流れは、巨人の力を持ちなぜか烏合の巨人を操る能力に目覚めつつある主人公エレン側の調査兵団と、巨人になる力を持っているライナーやベルトルト側の組織との、人間対人間の戦いになるんだろう。

 

人間対巨人じゃなくて、人間対元人間?

season2の終盤の回でユミルの過去が明かされた話があった。これが物語の真実の根幹の一端に触れた話だったと思う。

孤児だったユミルは嘘がバレて捉えられ、裁きを受け巨人化する。つまり巨人化は、ある地域では重大な罰として扱われているのだ。

巨人化して彷徨ったのち、人間を食べたユミルは人間に戻り、自分の意思で巨人化できる存在になる。

ここから推察すると、巨人になる罰を受けても人間を食べれば人間に戻れるということ。つまりこれまで出てきた烏合の巨人たちは、人間に戻るために人間を襲っているということになる。

この展開はアツイ。『進撃の巨人』は人間対巨人ではなく、人間対元人間だったのだ。巨人の肩も持ててしまう。

けれども、エレンの母を食ったやつとか、人間を食った巨人が人間に戻っていないのでこの説は間違っているということになる。この辺はまだ謎だ。

 

進撃の巨人』は漫画版ナウシカか?

上で書いた僕の今後の予想は成り立ってはいないのだけど、いろいろ考えていると、エレンたちの主人公の調査兵団側と、ユミルやライナー、ベルトルト、獣の巨人側の対立は、ナウシカの漫画版を想起させた。

ナウシカではトルメキアという貴族っぽくてそれなりにいい暮らしをしていて人類の知恵で繁栄している側と、ドルクという古の怪しい術を使ってトルメキアを出し抜こうと目論む側の長い戦争が描かれる。

トルメキアは多大な軍事力を持っている。数の論理で余裕で世界を統治している側だ。

一方ドルクは住みにくい地での暮らしを余儀なくされているが、太古の昔から伝わる術などでトルメキアに対抗できるほどの力を持つ。その術というのは巨神兵だったりヒドラだったり、人の数や軍事力を無効にしてしまうほどの力だ。トルメキアからすれば全く予想外の力なのだ。

 

このナウシカの二項対立の構造が『進撃の巨人』に重なって見えた。組織的な軍事力という点ではエレンたち主人公側はトルメキアだし、巨人化する術という人類には理解できない力や、seson2のラストシーンの獣の巨人とその肩に乗るジョン・レノンっぽいやつの怪しげさはドルクっぽい。

でいてナウシカではどちらでもない第3勢力として描かれる主人公ナウシカがエレンに重なる。エレンは巨人の力を持ちながら軍事力側にいる存在であり、どちらとも言えない立場だ。

漫画版ナウシカでも主人公ナウシカ巨神兵を引き連れて戦争を終わらせようと奮闘する。

 

まあ巨人つながりで安易すぎるっちゃあ安易すぎるが、season2のラスト2話くらいで「ナウシカぽいなあ」と思った。

season3は来年2018年に放送するらしい。アニメが来るまで我慢するか、原作の漫画に手を出してしまうか、迷っている。