【キリンチャレンジカップ シリア戦】シリアが本気。日本代表は大迫と乾が頭一つ抜けている

f:id:slices:20170608181113j:plain

サッカー日本代表の親善試合、キリンチャレンジカップのシリア戦が6月7日、日本のホームで行われた。

この試合は1ー1のドローに終わっている。

 

シリアが本気で来ていたので

日本にとっては仮想イラクとしての相手であるシリア。6人が交代できる親善試合、いわば来週の最終予選に向けての調整試合だが、シリアは本気で来ていた。

かなりアグレッシブな守備である。中盤での活動量が多い。距離を詰めるスピードが早い。日本は前半、中盤ではほとんどプレーさせてもらえなかった。

シリアは攻撃のスピード感もあった。崩すと言うよりは空きあらばシュートという感じだ。ドリブルが効いていたので日本のディフェンスを崩すこともできたろうに、バイタルエリアあたりまでくると、最初の選択がシュートという感じがあった。というわけで一発の怖さがあった。この姿勢は日本も見習いたいところだ。

アグレッシブなシリアのおかげで仮想イラク戦としてはいい経験になったと思うけど、日本代表は怪我人が増えてしまった。

香川が開始早々に肩を脱臼して離脱、山口蛍も後半途中で足を引きずりながら交代していた。試合後、吉田麻也酒井宏樹もそれぞれ腰とヒザに不安があるという。

この辺はシーズン終了直後の試合であるからしょうがないところもある。しかし香川が次に出られないのは残念すぎる。

 

大迫のポストプレーと乾無双

このアジアレベルでは大迫と乾が頭一つ抜けたレベルでプレーしているなという感じがした。

大迫は日本代表のパスが回らなかった前半から孤軍奮闘。ボールの引き出し役になっていた。

ただ、大迫とそれ以下という感じで他の選手がついてこない感じだ。前半は大迫がボールを保持して頑張ったので、なんとか攻撃に移れていた印象だ。大迫じゃなかったら日本は何もできなかったかもしれない。

 

後半に入ってきた乾はまさに無双だった。同点ゴールの直後といういい時間に入ったことや、コンディションの良さもあっただろうが、そもそもレベルは一つ抜けている感じがあった。乾が入ったことによって日本代表が活性化した。

乾のドリブルとポジショニングがとても効いていた。トラップ、ドリブルは無双。小野伸二を彷彿とさせるトラップからのドリブルは凄すぎた。あれが決まっていたら日本代表の歴史に刻まれるスーパーゴールになっただろう。

サイドに張っているだけではないポジショニングもよかった。乾がボールの引き出し役になって中盤でさばくことによってリズムが出て来た感じだ。ポジションチェンジで相手のディフェンスを撹乱していた。

乾のこのポジショニングで左サイドにスペースが生まれたことによって長友も前半とは見違えるようだった。乾と長友の連携はとても良かった。

ドリブルはキレキレだったが、乾のパスミスは意外にもあった。ただこれは一人だけパススピードが違うという感じで、周りのレベルが違うということであるように見えた。

乾がこのプレーを続けられるなら、日本代表は乾のチームになるだろう。そのくらいの大活躍だった。

 

おわり

今の乾と香川が一緒にプレーしたらどうなるのか見てみたいが、これが叶わないというのが残念である。後半でやっていたように次も本田が一列下がってプレーするのがいいかもしれない。

本番であるアジア最終予選アウェイのイラク戦は来週火曜、6月13日だ。

 

 

slices.hatenablog.com