なぜ茂木健一郎のお笑いオワコン発言が今更話題になったのか?オリラジ中田の松本批判は正しいのか?

茂木さんのツイートからこんなところまで来てしまった。ネットニュースを見ると、この問題は今やオリラジの中田とダウンタウン松本人志の二項対立のような印象さえ受ける。

 

なぜ今更、茂木さんの発言が話題になったのか?

そもそも、茂木さんは昔から「テレビはつまらん」というような発言をしまくっている印象がある。なのになぜ今回の茂木さんのツイートにこんなにお笑い芸人たちが反応したのだろう。

これはSNSがより普及してきたという点と、発言内容が芸人たちにとって図星だったからということではないだろうか。そしてとりわけ後者の理由が大きいように思う。茂木さんの指摘に対してみんな図星だったからちょっと腹が立ってしまったんじゃなかろうか。その上で茂木さんは弱そうというか優しそうだから反発しやすかったり、意見しやすかったのではないだろうか。

 

ほぼ一方的だった芸人たちの茂木叩きは中身が薄かった。茂木さんの問題提議に対して正面から議論で答えず、揚げ足取りをいしている印象があった。

真面目な議論をしないで揚げ足をとって笑いにするのがお笑い芸人であるとも言えるけど、僕が見たところでは本当に腹が立ってるんだろうなという感じで笑いになっていない印象があった。稚拙な反論だったり揚げ足取りなので笑えなかった。

 

オリラジ中田の松本批判は正しいのか?

そんなところに、中田のブログが投下された。これはきちんと整理された論理的な意見だったので気持ちが良かった。 まさに正面からの議論だ。それでいて芸人らしく自分の宣伝もしていて、綺麗に完結していた。この問題もようやくこれで終わりかと思った。

lineblog.me

 

しかしその後、中田はトークライブで吉本社内で揉めているというような話をして、この話題がまた再燃してしまった。

anond.hatelabo.jp

中田の「吉本から謝れと言われているけど謝らない」というコメントは個人的にはいらなかったと思う。謝る必要はないと僕も思うけど、それを言う必要があるのかは疑問だ。

 

中田がこの話題を足がかりとして「松本を倒す」と意気込んでいるのだとしたら(トークライブの書き起こしを読む限りではそんな印象を受けた)ちょっと違う話になってくる。なぜなら、これはただの議論であって、もはやお笑いではないからだ。

倒す、倒さない、天下を獲るなどは曖昧な表現だが、お笑いで松本を超えたいということだろう。そうであるなら、お笑いという土俵で、作品などのお笑いの表現で戦うしか勝敗は決まらないだろう。そしてお笑いに勝敗などあるのだろうか。

 

おわり 

「茂木さんテレビオワコン問題」を中田がかっこよく収束させた印象が僕にはあったから、このまま終われば良かったのにと思っていた。

けれども、結果的にはまだまだ続きそうな話題である。