【オードリーのオールナイトニッポン】オードリーの先輩芸人はなわ出演回は下ネタトークの神回だった

5月27日放送のオードリーのオールナイトニッポンは神回だった。ゲストに先輩芸人のはなわが登場。前回に続き珍しくゲスト回続きのオードリーのANNだったが、今回はゲスト含めフリートークが面白かった。(前回5月20日のゲストはクリーピーナッツ。春日は海外ロケで不在。放送コードギリギリというか、アウトな感じでこれはこれでまた違う意味で面白かった)

 

泣けると話題になったはなわの『お義父さん』がリリース

ゲストのはなわはCD発売の宣伝としてやってきた。なんだか意外な感じもするが、はなわはオードリーの事務所の先輩にあたる芸人である。そのつながりでやってきたのだ。

はなわはオープニングトークに参加し、オードリーとの若手時代の苦労エピソードで盛り上がっていた。

そういえばこのラジオでは先輩はなわの話はたまにでる。ネットで話題になった『お義父さん』も、事務所の稽古場でネタとして見せられたというトークを以前していた。その話になると、そのことは当然はなわ自身も覚えており、結果的には奥さんにだけ送るつもりだったこの曲を初めて披露したのがオードリーの2人の前ということなったのだという。

www.youtube.com

僕はこの曲を知らなくて、今回のラジオで初めて聞いたが普通にいい曲だった。確かに泣ける歌である。僕は酔っ払っていたこともあってちょっと泣いた。スローテンポのバラードで、「過去は不幸だったけど頑張っていたら幸せになれましたよ」というような歌である。はなわも奥さんも二人ともまっすぐでいいなあと思った。

ただちょっとだけ違和感があった。いい話として綺麗に完結してはいるけど少しだけ複雑な気分にもなった。

 

調べてみるとどうやらこの歌の後、この歌のおかげで奥さんとお義父さんは会えたようだ。ドラマのような本当に美しい話である。

しかしその反面、このお義父さんは育児放棄した親でもある。そしてこの世の中にはそんな人がたくさんいるのだろうなとか考えてしまう。タイトルになっているお義父さんが育児放棄しなければなんともないのになあとか考えてしまう。それなのに頑張った奥さん、そしてこんな優しさ溢れる曲を作り歌えるはなわというところがまさに泣けるところでもあるのだけど。

意地悪な言い方だけど、お義父さんに「産んでくれてありがとう」はひっかかった。お義母さんは出てこないところにも。

 

いつもの下ネタトークで締め

とかなんとか、はなわの『お義父さん』で色々と考えが頭を巡ってしまっていた。そんな中で若林と春日のフリートークが始まる。

若林は車を乗り換えたという話。おなじみのランドクルーザーからハイブリッドカーに乗り換えたのだという。こんな普通の日常の出来事を笑い話にできるのがやっぱり芸人だなあと思った。

 

そして春日の話だ。春日はアダルトDVDを買いに行ったらラジオのリスナー(リトルトゥース)と遭遇したという話をしていた。

以前このラジオで春日はアダルトDVDを買いに行く話をしていた。普段はネットの動画無料で自分磨きをする春日だが、海外ロケ前にはロケ先や飛行機で見るためにアダルトDVDを買いあさるのだ。

そんな話をしているからこそ、変装しているにもかかわらず店でDVDを物色している時にリトルトゥースに話しかけられてしまう。熱心なリトルトゥースには春日が好きなAVのシリーズものまでも知られており、そのコーナーに佇む変装男というところから春日だとバレてしまったのだという。春日は18禁コーナーという紳士の場で、無神経にも話しかけられた苦悩を語っていた。

飛行機の時間も差し迫っている中で、話しかけられていたからこそお目当のDVDは買えなかったらしい。他人であっても人に見られていると恥ずかしいのだ。めちゃめちゃわかる。

結局買えなかったDVDのタイトルは『豊満ババアプロレス』。このパワーワード感が半端じゃなかった。もう、すぐにでも言いたくなる。豊満ババアプロレス。ラジオではもはや春日の一発ギャグとして成立していた。この辺は若林のフリがあってこそだ。さすがである。

 

おわり

僕はオードリーの下ネタが大好きなのである。なんだかモテない高校生がそのまま大人になったような感じで面白いのだ。特に春日の話はバカバカしく好きだ。個人的に共感するところもあるから笑えてしまう。

こんな話を先輩芸人が感動のバラードを引っさげてやってきた回に披露してしまうのだ。エンディングでははなわの新曲が『豊満ババアプロレス』ということになってしまっていて笑った。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com