スナック菓子の王道になれるのか?ヤマザキビスケットの「エアリアル」がビールに合う

今週のお題「おやつ」

僕は普段からあまりお菓子を食べない。間食は多いのだけど、結構ガッツリ食べたいタイプなので、どうせ食べるならお菓子じゃなくてパンとかおにぎりを食べる。

お菓子を食べるときはどちらかというと飲み物の方がメインで、それに合わせてお菓子を選ぶ。そうするとお菓子は王道になりがちだ。

コーヒーだったらオレオ、キャラメルコーンギンビスアスパラガスなど。ビールだったらポテトチップス一択、ごくたまにカールかとんがりコーン

ビールのお供にするしょっぱい系のお菓子は、別にこだわりがあるわけじゃないけど、いつの間にかポテトチップスを買ってしまう。ポテチの新商品とかは割と手を出すのだが、ポテチ以外はあまり食べない。

自分で買わずとも、たまに新しいお菓子も口にする事があるが、上に書いたような王道のお菓子を超えるようなものにはほどんど出会わない。

 

そんな僕が最近食べて美味しかったスナック菓子がある。ビールのお供に、ポテチ以外の選択肢を与えてくれた優れた商品だ。

それはヤマザキビスケットの「エアリアル」というスナック菓子である。

f:id:slices:20170521044802j:plain


エアリアルの売りはなんと言っても食感だ。商品説明には「薄い生地を重ねて4層構造に仕上げることにより、軽い食感を追求したスナック」とある。

f:id:slices:20170521045239p:plain

出典:http://www.yamazaki-biscuits.co.jp/brand_nb/aerial/index_aerial_secret.html

 

この4層構造がこれまでなかった食感を生み出している。ザシュッ、ザシュっとした気持ちのいい食感なのだ。口の中で潰すと気持ちいいこの感覚は、梱包材のプチプチを潰す気持ちよさに似ている。そして潰し続けてしまうという中毒性も同じだ。一口食べれば止まらない。ビールに最高に合う。

味は普通にスナック菓子によくある味だ。僕が食べたのは焼きとうもろこし味だったが、とんがりコーンの緑、焼きとうもろこし味と味はほとんど一緒だった。ただ、一緒だったからこそ食感でこんなにも違うんだなあという発見があった。

 

エアリアルはいつから発売したのか知らないが、割と最近出てきたスナック菓子だと思う。後発ながらもスナック菓子の王道であるカールやとんがりコーンかっぱえびせんなどに仲間入りできるほどのポテンシャルを持っていると思う。

唯一納得いかないのが商品名だ。エアリアル。なんかあまり頭に入ってこない。袋のデザインで、英語のフォントの方が大きいのもなんか影が薄いというか目に入ってこない感じがある。

ただ味は普通に美味しいし、食感はこれまでになかったものだ。是非とも王道として残り続けて欲しいお菓子である。

 

広告を非表示にする