10代の悩みは歳を重ねるとそのうちどうでもよくなる?10代の悩みと30代の悩み

ツイッター「10代の悩みなどそのうちどうでもよくなる」ということを端的に一枚絵で表したツイートが話題になっていた。

f:id:slices:20170515192534p:plain

https://twitter.com/yokoyama_bancho/status/863332167207731200

 

共感できる部分とそうでない部分

10代の男の子と30代のおっさんとの描きわけがキャッチーで面白い。この差に一目で共感を持ってしまう。

中身で言うと僕は共感できる部分とそうでない部分が半々くらいだった。

30代になった今でも種類は違えど漠然とした不安はあるし、嫌なことはなかなか忘れられない。昔の嫌なことがフラッシュバックして「ああっ」ってなることがある。これは10代の時はなかった気がする。黒歴史を重ねてこそのことだ。

一方で、人にどう思われても仕方ないという開き直りは確かに大きくなっていると思う。容姿は諦めているし、ファッションの興味も失った。

 

ネットでは

ネットでは様々な意見があった。

「こんなに周りが気にならなくなるなんて10代の頃は思わなかった」

「というより、社会に出るとさらに大きな悩みに直面するから10代の悩みなど押し流される」

「10代の悩みあってこその30代。乗り越えているからこそ」

「未だこの境地には達していない」

2万件以上のリツイートだ。多くの人がコメントしているのは、やはりこの一枚絵が芯を食っているからだろう。 

 

この先はどうなるのか

画像の通りに共感する意見がネットでは多く、僕もそうだ。ではこの先40代はどうなるのだろう。

ネットでは40代は30代の延長であり、さらにどうでもよくなるという意見があったり、より自由になるという意見があった。

一方で30代に色々どうでもよくなってしまったツケがくるとの意見があり、こちらがかなりリアルだなと思った。僕はこうなってしまいそうである。

40代になると老化が現れてくるだろう。なんせ40代は初老なのだ。頭髪が寂しくなったり、贅肉が落ちづらくなったりするだろう。そうして10代の頃の容姿の悩みに逆戻りしてしまうという現象が起こるのだという。

そんな40代にならないためにも、10代の頃の悩みを今一度思い出す必要がありそうだ。

 

おっさんの悩みは尽きない

僕は30代で、このブログはおっさんの日記である。これまでもおっさんの悩みをたくさん綴ってきた。僕のブログで「おっさん」または「おじさん」で検索するとわんさか出てくる。10代の頃の悩みはなくなったとて、悩みは尽きないのだ。

開き直る部分は増えた反面、新たな悩みが出くる。どこかが解決するとまた新たな問題が出てくる。まあ物事はそういうものだ。これはこの先も変わらないのだろう。

 

 

 

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする