靴底を擦って歩く人が嫌い。その歩き方のせいで姿勢がいい人もスタイルがいい人もいない

たまに、ズッズッズッと靴を鳴らして歩く人がいる。足を引きずるように歩く人だ。靴底と地面が擦れて音が鳴っているのだ。

靴底を擦って歩く人。僕は嫌いである。

例えば、好きな女性のタイプは?と聞かれると(聞かれないけど)パッと思い浮かばないが、嫌いなタイプは?と言われると靴底を擦って歩く女性と答えるだろう。

音が不快なわけでもなくて、単純にその歩き方がだらしなく見えるから嫌いなのである。

そこには育ちや頭の良し悪しや、外見までもが集約されていると思ってしまうのだ。

 

靴底を擦って歩く人の頭の中

自分が歩いている時に音を出していて気がつかないのかなと思う。自分だけが音を出して歩いていて、他の周りの人が出していないことに気がつかないのだろうか。音が迷惑ってわけでもないけど、そいういうことに気がつかないのだろうかと思ってしまう。

極端に減った自分の靴の踵を見て、今まで何も思ったことがないのだろうか。靴のサイズだったり歩き方に原因があるなとか考えたことはないのだろうか。

というわけで僕は、靴底を擦って歩く人は客観的な視点がない上に自己改善ができない人だと思ってしまうのだ。

 

靴底を擦って歩く人で姿勢のいい人はいない

僕の人生経験上、靴底を擦って歩く人にはちょっと癖のある人物が多い。明るく快活で素直な人、というのはいない。やっぱり、のそっとしていてだらしないイメージのある人ばかりだ。

まあこれは偏見だとは思うけど、一つ言えるのは靴底を擦って歩く人で姿勢のいい人はいないし、だからこそスタイルがいい人もいない。つまり、美しくない。

なぜかというと靴底を擦って歩く歩き方は不自然な歩き方だからだ。不自然な歩き方が形作る人間の体というのは不自然である。変なところに筋肉がついたり、あるべきところの筋肉がなかったりするのだ。

ちゃんと踵から着地して体重移動して母子球で足を蹴り上げるような正しい歩き方をしていれば自然と美しい体になる。そのための筋肉がついていくからだ。

自然と姿勢も良くなるしスタイルは良くなるはずなのだ。

 

おわり

何を隠そう僕も昔は靴底を擦って歩いていた。原因は靴のサイズだったり歩き方だったり。不自然に減った靴底を見て直したという経緯がある。意識すればすぐに治せることなのだ。

僕は靴底を擦って歩く人は嫌いだが、日本にはすり足文化というものもある。だから一概には言えないところがあるのだけど、洋服を着て革靴やスニーカーを履いて歩くなら、靴底を引きずらず、颯爽と歩いてほしいものである。

 

 

広告を非表示にする