読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルセロナファンにとっては嫌なニュースが重なった4月11日火曜日。

昨日の夜、寝ている間にヨーロッパではたくさんのことが起こった。サッカー的に。うんざりすることばっかりである。今日はその愚痴を書く。

 

ネイマールクラシコに出れない

リーガエスパニョーラの31節のマラガ戦でイエローカード2枚を受けて退場したネイマール。退場する際の行動に問題があったとして、さらなる処分があった。

sport-japanese.com

うーむ。去り際に審判に対して皮肉な拍手を送ったと。

僕はこの試合見ていたけど、拍手の意味は映像では気がつかなかった。なんでネイマール拍手してんだろうと思っていた。これが審判に送った拍手だったとは。

まあ、ネイマールのファールは2つとも酷いものだった。1枚目のイエローは相手フリーキックのボールの前で靴紐を結ぶという遅延行為。2枚目は誰が見ても故意な体当たり。試合中のフラストレーションが出てしまった、サッカーの荒い接触プレイからくるファールとは別の、次元の低い幼稚な反則行為だ。

この処分でネイマールは3試合の出場停止処分。3試合なので33節のレアル・マドリード戦に出ることができない。これは可能性が薄くなった優勝に向けて、必ず勝利しなければならないライバルとの大事な一戦だ。クラシコに現在のバルセロナの攻撃を引っ張っているネイマールが出られないとは。かなりの絶望感である。

 

チャンピオンズリーグ準々決勝1st leg ユベントス3-0バルセロナ

絶望は続く。チャンピオンズリーグのベスト4をかけて戦うアウェイでのユベントス戦。バルセロナは0-3で敗北した。パリ・サンジェルマン戦に続き、またアウェイゴールを一点も取れずに帰ってきてしまった。

www.goal.com

僕はこの試合を見ていない。内容は0-4で敗れたパリ・サンジェルマン戦ほどは悪くなかったようだが、この敗戦でバルサは直近2連敗である。

まあ負けたマラガ戦もユーベ戦も中2日で厳しい戦いだったけれど、メッシ、スアレスネイマールに任せっきりだったツケが一気にきていて、バルサのサッカーができていないのが問題だ。

週末はホームに戻ってきてリーガで苦手なソシエダ戦が待っている。

 

ドルトムントのバス付近で爆発。バルトラが負傷

昨日一番驚いたニュース。ドイツのドルトムントチャンピオンズリーグの準々決勝を戦うために会場へ向かうドルトムントのチームのバス付近で爆発があった。

この爆発によって割れたガラスでマルク・バルトラが怪我をした模様。最初の報道では命に別条はなく、右手の骨折という話だったが、続く報道では、ガラスの破片が入り込んだため緊急の手術をしたというニュースが入った。

headlines.yahoo.co.jp

命に別条はないというところは変わらないようだが、バルトラそして選手たちにとっては大きなショックを与える事件だっただろう。

地元警察によると、この爆発はドルトムントのチームのを標的とした攻撃だったと発表されている。この事件によってこの日の準々決勝は中止となったが、次の日の今日、試合は行われるという。

マルク・バルトラといえばバルセロナを去ったカンテラーノの一人である。攻撃型センターバックという感じで、ピケの次に出てくるかという印象だった。

バルセロナを去ってからドルトムントではレギュラークラスの活躍をしている。バルトラの予想外すぎる怪我はドルトムントにとっては大きな痛手だろう。というか、選手たちの精神的なショックは大丈夫なんだろうか。とても、次の日に試合をするという気持ちまでは持っていけない気がするが。

本当に嫌な気持ちになるニュースだった。

 

 

 

広告を非表示にする