読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2018ロシアW杯アジア最終予選 UAE0-2日本。本田はベンチ、今野が予想以上の活躍

2018年ロシアワールドカップの出場を争うアジア最終予選も半分が終わりいよいよ大詰め。アウェイで行われたUAE対日本の一戦は0-2で日本が勝利している。

 

本田はベンチ。川島はスタメン

スターティングメンバーはちょっと驚きのメンバーだった。本田のベンチはまあわかるが、キーパーに今シーズン1試合しか試合に出ていない川島永嗣が選ばれた。以下、スタメン。

GK

川島永嗣

DF

長友佑都
森重真人
吉田麻也
酒井宏樹

MF
山口蛍
今野泰幸
香川真司

FW
原口元気
久保裕也
大迫勇也

 

これでダメなら本田待望論が出るだろうし、よければ本田不要論が出るだろうなというスタメンだ。結果的に今の本田であればいらないという結論が出たと思う。本田は交代で15分ほどプレーしたが存在感はなかった。少ない残り時間の中で、交代選手の運動量としては物足りなかった。

驚いたのは川島永嗣のスタメンだ。川島はロシアW杯の最終予選は初出場。それにクラブでは今シーズン1試合しか出ていないらしい。呼ばれただけでも驚きだったが、先発だとは。しかし、チームを救うビッグセーブが一つあり、存在感を見せた。自陣での自分たちのミスからなので、あそこで失点していたら流れは変わっていたかもしれない。相手の1得点を防いだ見事なセーブだった。ハリルホジッチの采配ズバリと言える。

けれどもつなぎの部分では相変わらずよろしくない。失態はなかったけど、見ていて不安に思うシーンがいくつかあった。それは「川島試合出てないのに大丈夫かよ」と僕がうがった見方をしているからとも言えるのだけど。

結果は出たけれど、Jリーグでコンスタントに出場して活躍しているキーパーよりも、フランスリーグで1試合の出場のみの選手がスタメンというのは納得できないところがある。川島に関しては経験の貯金はもうないと思うし、次の世代の選手はいつ経験を積めばいいのだろうと思ってしまう。

 

今野が予想以上の活躍

この試合で最も活躍したのは今野泰幸だろう。先制点の久保も同じくらい活躍したが、1試合を総合的に見ると今野の活躍は眼を見張るものがあった。攻守共々大活躍だった。もうベテランの域なのに運動量も半端ない。中盤での存在感は抜群だった。

あれだけ守備とつなぎの部分でチームのために貢献していて、得点シーンはファーサイドに顔を出すという攻撃センスも素晴らしい。ずっと代表ではずっとセンターバックをやっていたイメージがあるが、やはり今野はミッドフィルダーなのだ。

今野がミッドフィルダーで出場すればある程度のは活躍できるんじゃないかと予想はしていたけれど、予想以上の大活躍だった。

 

おわり

まず結果が出たことが素晴らしい。ハリルホジッチ監督の采配ズバリである。さらには今後の代表の可能性も見えてきたことが頼もしい。大迫の怪我が心配だけど、続くタイ戦もこのメンバーを軸にきっちり勝利してほしいと思う。

 

久保の先制点。力の抜け具合が素晴らしい。絶好調なんだろうな。

www.youtube.com

 

slices.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする